PARCIC

東ティモール

東ティモールの植物たち

東ティモールの植物たち ボノイティ(こんばんは)!2月16日、首都ディリでは土砂降りの大雨が数時間続き、各地域で床下浸水、また汚泥が大統領府の敷地まで流れ込み、… [続きを読む]

2013年3月、ただいまのコーヒー生育状況

最近は雷が鳴り、風が強い日が続き、もうすぐ雨季の終わりかと思わせる陽気の東ティモールです。今回は、道端にあるコーヒーの木にスポットを当ててみたいと思います。 首… [続きを読む]

苗木配布後のモニタリング

苗木を配布した後、それらがちゃんと苗木を植えられているか、確認しに行きます。 よくあるのが、貰えるものは貰うけど、後はそのまま放置なんてことも。せっかく種から苗… [続きを読む]

苗木配布とマイクロクレジット

プロジェクト対象のマウベシ郡4集落(クロロ、ハヒタリ、ルスラウ、ハトゥカデ)で、苗木の配布を行いました。 ピックアップ用の車に苗木を載せ、苗木配布の集合場所まで… [続きを読む]

マウベシ女性グループ、ハチミツ加工で得た収入を…。

ボンディア(おはようございます)!東ティモールは現在、雨季の真最中。ディリ⇔マウベシ間の幹線道路はアスファルトで舗装され、車の運転し易くはあるのですが、ところど… [続きを読む]

女性グループの活躍!

ボタルディ(こんにちは)!通常11月には雨季に入る東ティモールですが、昨年は遅れに遅れ毎日うだるような暑さ。雨季に入る直前に農家の方々はトウモロコシとインゲンマ… [続きを読む]

東ティモール エコツアー ~自然・伝統文化とともに生きる人びとを訪ねる旅~

2002年にインドネシアからの独立を果たし、独立10周年を迎えた東ティモール。国土は山・海たくさんの美しい自然があふれており、エコツーリズムの取り組みが始まって… [続きを読む]

コーヒーの支払い作業に大奮闘!

コーヒー収穫がこの10年で最大量だった今年。コカマウ生産者協同組合も再編成したものの、実際の運営はまだ道なかば。私は今年もコーヒー生産者への毎週の支払いを担当す… [続きを読む]

生産者協同組合 自立への道 [後編]

生産者協同組合 自立への道 [前編]からの続き 個人的なやりきれない感情はとりあえず脇に置いて、パルシックはこの事態に厳しく対応することを決めました。“不正を行… [続きを読む]

生産者協同組合 自立への道 [前編]

これまで断片的にしかお伝えしてこなかったコカマウの状況について、すこしまとめて書いてみようと思います。 2011年2月に、コカマウの役員(当時)6名が組合資金4… [続きを読む]