PARCIC

東ティモール

協同作業で進める水事業

2015年10月から3年計画ではじまった水利改善事業では、集落との計画・準備会合、水源から集落までの配管経路の測量調査、貯水槽や配管の図面作製、資機材購入と現場… [続きを読む]

コーヒー2015年豆、日本へ向けて出荷しました!

新コーヒー加工場ではじめて加工したコーヒー豆を、2016年2月初旬、日本へ向けて出荷しました。 コカマウ[i]に加入する18の集落の中から、標高が比較的高い6つ… [続きを読む]

農村での水整備事業がはじまりました

マウべシの季節は、11月から7月頃まで続く雨期と、残り3ヵ月ほどの乾期に分かれます。乾期には熱帯かつ高原の強烈な太陽が、あっという間に大地を乾燥させます。森林が… [続きを読む]

コーヒー二次加工場が完成しました!

2015年8月27日、首都ディリでコーヒー二次加工場の開所式を行いました。 加工場内には不純物の除去から脱殻、比重選別、サイズ選別が一つのラインでできる機械一式… [続きを読む]

9/5(土)開催 「東ティモールにおける循環型農業への挑戦―民際協力の現場から」

東ティモールにおける循環型農業への挑戦 ―― 民際協力の現場から、現地スタッフによる報告 パルシックは2012年より東ティモールで農業支援を実施しました。マウベ… [続きを読む]

東ティモール フェアトレードコーヒー生産者を訪ねる旅 2015

毎年大人気の東ティモールのコーヒー生産者を訪ねるツアー。アイナロ県マウベシのコーヒー農家を訪ね、実際にコーヒー豆の収穫、加工のお手伝いをします。 コーヒー農家の… [続きを読む]

ヴィセンティ・マリア・ソウザさん

ハトゥカデグループの会計を担当しているヴィセンティさんは、バリトンの声がとっても魅力的。ひと回りも年下の妻ロザさんとの間に上は21歳から下は5歳まで、11人の子… [続きを読む]

ヴィトリノ・ペレイラさん

16人の子どものお父さん(うち5人は死亡)。グループの中では年長者で、小学校の先生だったこともあり、グループ内のもめ事に常に穏やかに立ち振る舞う人です。 197… [続きを読む]

アルフレド・アルベルト・カルロスさん

副組合長を二期務めたのち、2009年度の選挙で二代目組合長に選出されたアルベルトさん。組合へのリーダーシップトレーニングに参加して以来「リーダーとは‥」のセリフ… [続きを読む]

ヴィセンティ・ダ・コンセサオン・シルバさん

ヴィセンティさんは、2003年にクロロ集落(26名)がグループを結成したときから毎年、グループの代表に選ばれています。08年1月の選挙で5回目の再選が決まったと… [続きを読む]