PARCIC

スリランカ

スリランカの友人からの手紙

政府軍による北東部制圧が最終段階に達しているスリランカですが、シンハラ人の友人からの手紙をご紹介します。この戦争のもうひとつの側面を憂うる気持に満ちたものです。

——————–

今、私たちはスリランカで起こっていることを理解してくれる友人を切実に必要としています。スリランカ政府は、テロに対する戦争を遂行しています。2009年1月現在、政府はテロリスト支配地域を占領し、政府軍はLTTE(タミル・イーラム解放のトラ)のリーダーが潜伏している場所に近づいています。政府軍司令官は、間もなく北東部全域を占領しテロリストを永久に葬り去ると宣言しています。けれども戦争が終わった後どうなるのか、私たちには見当もつきません。政府は、LTTEの本部や主要機関が置かれていた町を奪取した直後から、南部の政府批判を行っている団体への攻撃を始めています。最初の攻撃は数日前、LTTE寄りの報道をしたとされたテレビ局に対して行われました。先日は、政府や政治指導者の腐敗を強く非難していた主要ジャーナリストのひとりが、武装した暴漢によって殺害されました。今や、政府に反対する国民に対して戦争が行われているのです。なぜなら、国民の大多数は反テロ戦争に勝利したことを喜んでおり、LTTEを支持していると特定・分類された個人もしくは団体を破壊することが愛国的な行為と見なされているからです。

こうしている間にも、スリランカ経済は日々下降し続けています。外国の銀行や金融機関への負債は莫大な金額にのぼります。信じられないくらいの巨額になっています。このような状況を伝える短い記事を以下にご紹介します。

タミル・イーラム解放のトラ(LTTE)が間もなく敗北し、民族紛争は終結するであろうというのは、希望的観測である。歴代のスリランカ政府は、1950年代に始まった民族紛争の根本的な原因に取り組んでこなかった。そして、タミル人に十分な自治権を認めることに関心を示してこなかったのである。現政府の行っていることは、戦争を利用して政権を維持すること、兵器売買によって金儲けをすることである。大統領とその兄弟はまた、戦争を口実に利用してあらゆる反対勢力の口封じをしている。以下に、その事実をいくつか示す。

  1. 国際圧力団体である国境なき記者団によれば、報道の自由度ランキングにおいてスリランカは最近、民主主義国の中で世界最低と評価された。
  2. 政府に後押しされたと見られる暴漢により最近、MTVスタジオが攻撃された。その理由は、少し前に起こった民族紛争についての報道の仕方にあった。
  3. 2008年3月にスリランカのジャーナリスト(JS Tissainayagam氏)が逮捕され、以後ずっと拘留されていることは、いかにスリランカ政府がテロリズム防止法を利用して、政府批判を行うジャーナリストやその他の人々の口封じをしてきたかを示している。政府と意見の合わないタミル人やその他の民族が言論の自由の権利を行使することは、犯罪行為とされるのである。
  4. ヒューマン・ライツ・ウォッチはスリランカ政府が「反テロ法を利用して、平和的な方法で政府批判をする者たちの口封じをしているのは恥ずべきことである」と非難している。
    参照:http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/south_asia/7813043.stm
  5. サンデー・リーダー紙の編集者であるLasantha Wickramatunga氏がつい先日殺害された。国境なき記者団は、次のように述べている。「マヒンダ・ラージャパクサ大統領とその側近たち、そして政府メディアにはその直接の責任がある。なぜなら、Lasantha Wickramatunga氏に対する憎悪を引き起こし、報道機関に対する暴力に認められる刑事免責の基準を途方もなく引き下げることを許可したからである。この殺害事件により、スリランカのイメージは著しく汚された。これは全くもって言語道断な話であり、罰を免れさせるわけにはいかない。」

スリランカにおける民主主義は単なる見せかけだけであり、この国は現在、世界でも五指に数えられる独裁国家になろうとしている。スリランカがブラックホールの奥深くに落ちてしまう前に、今こそ国民が目を覚まし、行動すべきである!

——————–

*この手紙は2009年1月9日に、パルシック代表理事の井上礼子宛に送られたものを翻訳したものです。送信者の名前は秘しています。