PARCIC

ガザ地区女性世帯への生計支援

ガザ 女性組合がスタート!

7月の第1土曜日は、国際協同組合の日でした。 パレスチナは、2019年11月から国際協同組合同盟に参加しています。パレスチナの協同組合は、大衆文化、習慣、伝統、… [続きを読む]

ガザ 停戦から1か月

5月の戦争停戦から約1か月、ガザは少しずつ元の生活に戻りつつあります。家族や友人を亡くした人や、家が被害にあった人たちは、今も辛い日々を過ごしていますが、通りか… [続きを読む]

支援物資を受け取りました!~クラウドファンディング「私の名前はタグリード 羊を守り、ガザの女性の暮らしを守りたい」レポート~

45日間のクラウドファンディングでは、たくさんの方から寛大なご寄付をいただき、200万円の目標を達成することができました。皆さまのおかげで、パルシックが支援する… [続きを読む]

新型コロナウィルスの畜産への影響:FAOおよび畜産専門家からの報告

現在パルシックは、新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受け、畜産による収入が激減してしまった女性たちへのクラウドファンディングに挑戦しています。 「私の名前はタ… [続きを読む]

ガザ、新型コロナウィルス規制下での女性グループの活動

365km2のガザ地区には、約200万人が暮らしており、その住民の多くは過密状態の難民キャンプに住んでいます。 人口密度は約5,203人/km2と、世界で3番目… [続きを読む]

ガザ事業:家庭用チーズ作り研修@ハン・ユニス

ガザ地区において2018年度から継続的に実施している「酪農を通した女性グループの生計支援」事業。2018年度は、ラファ地区の22の女性グループを対象にしていまし… [続きを読む]

ガザ:対象女性グループの拡大と組合づくりへ

2年目となる酪農を通した女性グループの生計支援事業では、今年、ラファ地区のアルナセル村及びその近郊、アルショカ村の22の女性グループに加えて、隣県ハン・ユニス地… [続きを読む]

ガザ:6人7脚の奮闘~女性グループで畜産開始

3月30日の「土地の日」からガザ地区で始まった、難民の帰還権を求める市民の抗議デモ「帰還の大行進」は、メディアでの報道が下火になってきた現在もなお、多数の死傷者… [続きを読む]

女性グループで行う羊の酪農:地産地消と収入向上をめざして

2018年初め、外務省NGO連携無償資金協力の助成を受け、ガザ地区で新しい事業、ガザ南部における酪農を通した女性グループの生計支援を始動しました。この事業を通し… [続きを読む]