PARCIC

シリア難民

【寄付のお願い】レバノン北東部 アールサール緊急越冬支援 ご協力へのお願い

寒さの厳しいレバノン北東部アールサールに暮らす人びとに、越冬物資配布のためにご寄付をお願いします

シリアと国境を接するレバノン北東部、標高1,500メートルに位置するアールサールには、現在約33,000人のシリア難民が滞在しています。冬は雪が積もり氷点下になるほど寒さが厳しく、テントで生活するシリア難民にとって一番不安な季節がやってきます。

レバノンには、現在約150万人のシリア難民が滞在していると見込まれており、元々住んでいたパレスチナ難民を含めると、レバノン人口の4人に1人以上が難民です。人口約440万人のレバノンにとって難民の流入は大きな負担となり、レバノン政府による非正規滞在者への取り締まりが強化され、コンクリートで補強されたテントの強制的・自発的撤去が今年から始まりました。

アールサールでは既に1,800世帯のテントが撤去され、政府の基準に沿ったテントに建て替えられています。建て直されたテントは、細い木の角材でできた枠組みの周りを薄いビニールシートで覆い、内側に断熱材を張り付け、地面に段ボールと絨毯を引いただけのもの。とても安心して暮らせるような場所ではありません。

アールサールは元々産業が発達しておらず、就労の機会も限られているシリア難民は日々の食糧を調達するために9割の世帯が借金をし、6割が食事の回数を減らして何とか生きながらえている状態です。ある家庭に食糧事情調査をした時に、10代の少女が「肉を食べるなんて夢みたいなものよ・・・」と厳しい状況を教えてくれました。そこに追い打ちをかけるように厳しい冬がやってきます。ビニールシート1枚を覆っただけのテントで暮らすシリア難民にとって、越冬するための燃油は不可欠ですが、どれだけ節約しても、1か月あたり最低1万8,000円はかかります。それなのに、アールサールのシリア難民1人あたりの世帯収入は1ヵ月たった2,900円とレバノン全土で最も低く、越冬物資の購入はシリア難民の大きな負担となります。

そこで、パルシックは彼らが少しでも安心して冬を越せるように、越冬物資の配布を行うため、緊急キャンペーンの実施を決めました。十分な支援が届かず、1年で一番寒さが厳しいこの時期に身を寄せ合うシリア難民へ、緊急にご寄付での支援をお願いいたします。

いただいたご寄付金は、パルシックのレバノン事業での提携団体URDA(Union of Relief & Development Associations)を通じて活動に使用します。

↓さっそく寄付する

寒さが厳しい時期のアールサールの難民キャンプ

アールサールのキャンプの積雪の様子。30センチの雪が積もり、「灼熱の砂漠地帯」という典型的な中東のイメージからは程遠い。(提携団体URDA提供)

アールサールのキャンプの積雪の様子。30センチの雪が積もり「灼熱の砂漠地帯」という典型的な中東のイメージからは程遠い。(提携団体URDA提供)

冬はテントの中でストーブをつけて暖を取っている(提携団体URDA提供)

冬はテントの中でストーブをつけて暖を取っている(提携団体URDA提供)

テントの側面に氷が張り付いている(提携団体URDA提供)

テントの側面に氷が張り付いている(提携団体URDA提供)

寄付する

パルシックは認定NPO法人です。パルシックへのご寄付は寄付金控除の対象となります。

クレジットカードで

使用可能なクレジットカード

金額
(※1,000円から)

※クレジットカードでのご寄付の場合、クレジットカード決済代行会社からパルシックへ入金された日が領収書発行日となりますので、発行までに約2ヶ月かかります。
※ 選択肢以外の金額でのご寄付を希望の場合はお問い合わせください。

銀行振り込みで

下記の口座へのお振込みと、寄付者特定のためフォームよりご連絡をお願いいたします。レバノン越冬支援へのご寄付の旨、ご明記ください。ご入金確認後に、担当者よりご連絡を差し上げます。

ゆうちょ銀行(ゆうちょ銀行から)
●記号:10180
●番号:77335011
●名義:特定非営利活動法人パルシック

ゆうちょ銀行(ゆうちょ銀行以外から)
●店名:〇一八
●店番:018 (普通)7733501
●名義:特定非営利活動法人パルシック ※ 銀行からお振り込みをされる際は、お振込み人特定のために、必ずフォームよりご連絡ください。

寄付のご連絡フォームへ

郵便振替で

郵便振替口座:00100-9-296658
●口座名:緊急支援
●通信欄:「レバノン越冬支援への寄付」 とお書きください。

個人によるご寄付で受けられる控除について

NPO法人パルシック(以下、パルシック)は2017年11月1日に東京都より認定NPO法人として認定されました。これにより、パルシックへのご寄付は、確定申告によって所得税、法人税、相続税などの寄付金控除を受けることが出来ます。

地方自治体によっては住民税も控除の対象となります。詳しくはお近くの税務署までお問い合わせください。

寄付金領収書に関するお願い・ご注意

※ 確定申告にはパルシック発行の領収書が必要です。領収書は失くさないよう保管してください。
※ 寄付金領収書の宛名は、お支払いの際にお手続きいただいた名前となります。
※ 連名の寄付金領収書は確定申告に使用できません。ご夫婦・ご家族等の連名でのご寄付の場合は、寄付金領収書の宛名となる代表者のお名前・ご住所等をご入力ください。

<所得税の場合>

確定申告をすると、寄付金額合計の40%の税金の還付を受けることが出来ます。所得税の控除は、税額控除、所得控除から有利な方を選ぶことができます。多くの場合は、税額控除を選択するほうがより多くの金額が控除されます。