PARCIC

ミャンマー緊急支援

寄付を受け取った方々の声⑤ Eさん(中学校教員)

Eさんは34歳で、中学校の教師として働いていました。両親と夫、2人の子どもの6人家族です。クーデター前は、月収20万8000チャット(約16,240円[1])で… [続きを読む]

[開催報告]<~知る・繋がる~ミャンマー連続講座> 第4回 ミャンマー仏教の魅力:戒律と瞑想の世界

パルシック事務所インターンです。2022年2月4日に開催された「~知る・繋がる~ミャンマー連続講座」の第4回目は京都大学の川本佳苗先生をお迎えして『ミャンマー仏… [続きを読む]

寄付を受け取った方々の声④ Dさん(国防省の調査官)

Dさんは23歳の仏教徒の女性です。国防省の調査官として働いていましたが、市民的不服従運動(以下、CDM)に参加して令状が出されたため、2021年4月に避難しまし… [続きを読む]

寄付を受け取った方々の声③ Cさん(公衆衛生分野の公務員)

Cさんはビルマ族の27歳女性で7人家族です。クーデター前までは、保健省の公衆衛生部門で働いていましたが、2021年5月に令状が出され、避難せざるを得なくなりまし… [続きを読む]

寄付を受け取った方々の声② Bさん(小学校教員)

Bさんはビルマ族の31歳の男性で、妻と生後数ヶ月の乳児を含む5人の家族がいます。Bさんは小学校の教師で、以前の月給は18万2,000チャット(約1万4,200円… [続きを読む]

寄付を受け取った方々の声① Aさん(保健分野の公務員)

Aさんは、ミャンマーで市民的不服従運動(CDM:Civil Disobedience Movement)に参加している保健分野の公務員です。妻と息子の3人家族で… [続きを読む]

[開催報告]<~知る・繋がる~ミャンマー連続講座> 第3回 ミャンマー:軍政と民族問題+少数民族地域の現状

パルシック東京事務所です。1月7日に開催された「~知る・繋がる~ミャンマー連続講座」の第3回目は山形大学の今村真央先生をお迎えして『ミャンマー:軍政と民族問題』… [続きを読む]

[開催報告]<~知る・繋がる~ミャンマー連続講座> 第2回平和と人権:ミャンマーの状況

パルシック東京事務所です。2021年12月9日に行われたオンライン連続講座『~知る・繋がる~ミャンマー連続講座』の第2回目の報告をさせていただきます。 Parc… [続きを読む]

[開催報告]<~知る・繋がる~ミャンマー連続講座>第1回 クーデター後のミャンマーの市民社会:不服従から新しい連邦国家の創設へ

パルシック東京事務局です。2021年11月4日に行われたオンライン連続講座『~知る・繋がる~ミャンマー連続講座』の第1回目の報告をさせていただきます。 Parc… [続きを読む]