PARCIC

学ぶ

サハルの冒険1 旅の準備は何から?<後編>

サハルの冒険 1 前半より 救世主は意外なところにいた。 今年60歳を迎えた西岸事業の農業専門家・サーデクだ。サハルよりも早い日程で日本へ出発する予定で、もちろ… [続きを読む]

サハルの冒険1 旅の準備は何から?<前編>

2018年、日本のパスポートが、パスポートランキングなるもので「世界最強」を勝ち取った。もちろん防弾仕様とか耐熱加工、はたまた鉄板などが埋め込まれていて物理的に… [続きを読む]

ラマダン:祝福の月の始まり

イスラム歴9月の5月17日(木)、各地のムスリムコミュニティで、年に一度私たちの心に訪れる大好きなお客さま、ラマダン(断食月)がやってきました。イスラム教徒は互… [続きを読む]

ナクバを前に

パレスチナの生活も半年が経とうとしている4月末の休日、私はラマッラー市郊外のジフナ村とジャラゾーン難民キャンプの友人宅を尋ねた。 この日は、パレスチナの家庭料理… [続きを読む]

食べ物から見える中東(葡萄)

「スキーの後は、海水浴」が謳い文句のレバノン。「レバノン」とはアラビア語で「白」の意味です。地中海岸に並列する1,000~3,000m級のレバノン山脈とアンチレ… [続きを読む]

パレスチナ近況報告:トランプ政権のアメリカ大使館エルサレム移転宣言による影響

2017年12月6日、トランプ米大統領は、アメリカ大使館をテルアビブからエルサレムへ移転させる計画とともに、イスラエルの首都をエルサレムと認める公式の宣言を発表… [続きを読む]

昨今のパレスチナ情勢と人びとの思い

聖地エルサレムのアルアクサ・モスクにおけるムスリム礼拝者の入域禁止を1つのきっかけとして、2015年9月下旬からこれに抗議するパレスチナ人とイスラエル軍の間で衝… [続きを読む]

戦争を知る子どもたち② ― アブダッラーのケース

9歳になるアブダッラー・ワーヘド・アブサモール(Abdallah Wahed Abu Samor)は、1歳の時に髄膜炎を患って以来、ほとんど耳が聞こえません。そ… [続きを読む]

戦争を知る子どもたち① ― ディーマのケース

ディーマ・ラビア・ムザイン(Deema Rabe’e Muzain)は8歳の多感な女の子。5歳の時、2012年のガザ攻撃で消防士だった父を亡くし、祖… [続きを読む]

トラウマを抱えるガザの子どもたちに心のケアを[2]

サポートの対象とするのは子どもたちだけではありません。子どものケアに一次的に携わる保護者たちもまた、度重なる戦争やその後の苦しい生活で疲弊している中、様々な難し… [続きを読む]