PARCIC

学ぶ

ガザの学校生活、迫る最終試験!

※この記事は、5月のガザ空爆の前に、現地スタッフのタグリードが書いたものです。5月10日から21日まで、ガザはイスラエルとの間で11日間の戦闘状態に入りました。… [続きを読む]

パレスチナ:ラマダン、パンデミックの陰で

2年連続、今年のラマダンもCovid19パンデミックの制限期間中に行われます。パレスチナを含める世界のあちこちで、4月13日からラマダンが始まりました。この開始… [続きを読む]

パレスチナ、クリスマスの喜びはどこへ?

イエス・キリスト生誕の地でクリスマスイブを祝うため、毎年世界中から何千もの巡礼者が、ベツレヘムを訪れます。 パレスチナでは、12月初旬にクリスマスフェスティバル… [続きを読む]

パレスチナ難民の苦しみ

イスラエルの建国につながった1948年戦争(第一次中東戦争)の結果、約75万人のパレスチナ人が故郷を追われ難民となりました。パレスチナ難民は誰一人としてかつて住… [続きを読む]

ヒジャーブ(スカーフ)って何?イスラム教徒の女性はなぜヒジャーブを着けるの?

ヒジャーブ(スカーフ)は、覆うことまたは隠すことを意味するアラビア語です。イスラム教の女の子たちは、イスラム教の経典コーランにおける神の教えに従いヒジャーブを着… [続きを読む]

サハルの冒険2 旅は憂いもの辛いもの<後編>

サハルの冒険2 <前編>より インターネットでビザに必要な書類を調べてみる。以前、ヨルダン領事館から代理申請の場合は代理人委任状を持ってくるように言われたので、… [続きを読む]

サハルの冒険2 旅は憂いもの辛いもの<前編>

サハルの冒険1<後編>より 手元には、サハルのパレスチナパスポートがある。 日本大使館でサーデクにビザを申請してもらうため、ガザ事務所からラマッラー事務所に送っ… [続きを読む]

パレスチナ:COVID-19下、自粛ムードのイード(ラマダン明け祝祭)

イスラム教徒にとってラマダン(イスラム暦9月、断食月)の最後の10日間は自らの運命を変えるライラ・アルカダル(“Night of Power“)を待つ大切な時間… [続きを読む]

新型コロナウィルス感染症がいかにラマダンを変えたのか

ラマダン(断食月)はイスラム教徒にとって1年で最も神聖な月で、今年は4月24日からの30日間に行われています。預言者ムハンマドは「断食月が始まるに従い、天国の門… [続きを読む]

COVID-19:新しい占領におかれたパレスチナ

2020年2月中旬までに、この新型コロナウイルス感染症は瞬く間に世界中に広がり、パレスチナでも、3月頭にキリストの生誕地であるベツレヘムと近郊のベイト・ジャラを… [続きを読む]