PARCIC

お知らせ

【ご寄付のお願い】レバノン北部アルサール シリア難民越冬支援

難民の女性たちから難民の子どもたちへ、あたたかい手編みの防寒具を届けます!

アルサールでの越冬支援

パルシックが2017年よりシリア難民支援を行っているレバノン北部のアルサールは、標高1,500メートルの山間部に位置し、冬は雪が積もり、気温は氷点下になることもあるほど、寒さの厳しい地域です。

シリア内戦が始まって以来、シリアと国境を接するアルサールには、多くのシリア人が避難してきました。難民の人たちは、木材で作った枠に薄いビニールシートを覆っただけのテントで生活しています。

冬のアルサール シリア難民キャンプ

パルシックは、難民の人たちが無事に冬を越すために、毎年「越冬支援」としてご寄付を募り、アルサールの難民キャンプに、灯油などの越冬物資を届けてきました。

昨年は、117名の方から、142万9,808円のご寄付をいただき、灯油160リットルを160世帯に配りました。

昨年の灯油配付の様子

しかし、今年、灯油の配付が困難になってしまいました。

未曾有の経済危機に陥るレバノン

現在レバノンは、2019年からの経済危機に新型コロナウィルスの影響やベイルート大規模爆発も加わり、経済状況がどんどん悪化しています。2019年10月から2021年8月の2年足らずで、貨幣価値は10分の1以下になり、物価が高騰し、生活するのに最低限必要な食糧価格は7.3倍に上昇しています。燃料不足も深刻で発電所が稼働できず、停電が常態化しています。

灯油を入手することは、今、とても難しい状況なのです。

防寒具を子どもたちへ

パルシックは、2020年よりアルサールの学校でシリア難民の子どもたちへの教育支援を行っています。この冬は、学校も燃料不足で暖房が無くなる恐れがあります。しかし、日々の生活が精いっぱいの難民キャンプでは、多くの子どもたちは十分な防寒着を持っていません。 

レバノンでのシリア難民への教育支援事業

そこで今年は、難民の女性たちに毛糸と編み棒を提供し、手袋、マフラーなどの防寒グッズを編んでもらい、アルサールの学校に通うシリア難民の子どもたち300人に届けます。

レバノンの経済危機に伴い、シリア難民も経済的な困窮に陥っています。防寒グッズを製作した女性たちの生計支援にもつなげます。

子どもたちが少しでも暖かい恰好で通学し、将来の糧となる教育を受け続けられるよう、 ぜひ、皆さまからのご支援をよろしくお願いいたします。

目標金額:120万円
期間:2022年2月15日まで

<あなたのご寄付でできること>
*目安として、防寒グッズは以下の金額で配ることができます。(日本円換算)

ウール手袋 1双 750円
ウール帽子 1個 750円
ウールマフラー 1本 1,800円

2018年、トルコのシリア難民キャンプで指だけで毛糸を編むフィンガーニッティングにチャレンジした子どもたち。(今回の配付では編み棒を使い、ウール毛糸で製作します。)

寄付する

パルシックは認定NPO法人です。パルシックへのご寄付は寄付金控除の対象となります。

クレジットカードで

使用可能なクレジットカード

金額
(※1,000円から)

※クレジットカードでのご寄付の場合、クレジットカード決済代行会社からパルシックへ入金された日が領収書発行日となりますので、発行までに約2ヶ月かかります。
※ 選択肢以外の金額でのご寄付を希望の場合はお問い合わせください。

銀行振り込みで

下記の口座へのお振込みと、領収書発行に必要な情報をフォームよりご連絡をお願いいたします。レバノンへ越冬支援への寄付の旨、ご明記ください。ご入金確認後に、担当者よりご連絡を差し上げます。

ゆうちょ銀行(ゆうちょ銀行から)
●記号:10180
●番号:77335011
●名義:特定非営利活動法人パルシック

ゆうちょ銀行(ゆうちょ銀行以外から)
●店名:〇一八
●店番:018 (普通)7733501
●名義:特定非営利活動法人パルシック

※ 銀行からお振り込みをされる際は、お振込み人特定のために、必ずフォームよりご連絡ください。

寄付のご連絡フォームへ

個人によるご寄付で受けられる控除について

NPO法人パルシック(以下、パルシック)は2017年11月1日に東京都より認定NPO法人として認定されました。これにより、パルシックへのご寄付は、確定申告によって所得税、法人税、相続税などの寄付金控除を受けることが出来ます。

地方自治体によっては住民税も控除の対象となります。詳しくはお近くの税務署までお問い合わせください。

寄付金領収書に関するお願い・ご注意

※ 確定申告にはパルシック発行の領収書が必要です。領収書は失くさないよう保管してください。
※ 寄付金領収書の宛名は、お支払いの際にお手続きいただいた名前となります。
※ 連名の寄付金領収書は確定申告に使用できません。ご夫婦・ご家族等の連名でのご寄付の場合は、寄付金領収書の宛名となる代表者のお名前・ご住所等をご入力ください。

<所得税の場合>

確定申告をすると、寄付金額合計の40%の税金の還付を受けることが出来ます。所得税の控除は、税額控除、所得控除から有利な方を選ぶことができます。多くの場合は、税額控除を選択するほうがより多くの金額が控除されます。