PARCIC

お知らせ

[参加者募集] 10/28(土)知らなかった!アジアンコーヒー入門@清澄白河

ハンドドリップで淹れるコーヒーは、豊かなひとときを提供してくれます。
秋も深まる週末、めずらしいアジアのコーヒーで楽しんでみませんか。
コーヒーが私たちの手元に届くまでの物語を通して、コーヒーへの造詣が深まるだけでなく、ネパール・ラオス・東ティモール・インドネシアからのコーヒーを実際に味わうことができます。ハンドドリップでの淹れ方のコツから、お気に入りのコーヒーさがしのヒントまで。あなたの日常がさらに豊かになるコーヒー入門講座です。

開催概要

日時 10月28日(土) 14:30~17:00 (開場14:00)
会場 長専院
参加費 1,000円(コーヒー試飲、おやつ付)
定員 24名(申込方法は下記をご覧ください)

アクセス 江東区三好1-6-3、清澄白河駅徒歩A3出口より徒歩3分

内容

第一部 コーヒー概論~世界のコーヒーをめぐるお話

第二部 アジアンコーヒー飲み比べ!~生産地をめぐるお話

インドネシア、東ティモール、ネパール、ラオスの4ブースにわかれ、各生産地をよく知る国際協力NGOスタッフが、生産者のこと、流通のこと、お勧めの淹れ方などを、実演を交えてお話します。
40分ずつ、2つのブースを回ります。お申し込みの際に、第一希望のブースをご記入ください。第二希望はこちらで割り振りさせていただきます。

インドネシアから(お話:ニューインターナショナリスト・ジャパン)

インドネシアでコーヒー生産量の8割以上を占めるカネフォラ種(ロブスタ種)。実は日本でも広く飲まれていますが、耳にしませんね。よく聞くアラビカ種と飲み比べながら、私たちにとってのコーヒーの存在と流行について考えてみましょう。

東ティモールから(お話:パルシック)

マウベシ郡の山間部で、協同組合コカマウのメンバーが大事に育て、1粒ずつ丁寧に手摘みで収穫しています。苦味、甘み、酸味のバランスが、良い東ティモールコーヒーを味わいながら、国のこと、事業のこと、生産者の暮らしなどをご紹介します。

ネパールから(お話:シャプラニール)

ヒマラヤ山脈の麓シャンジャ郡で育てられたコーヒーをご紹介します。豆に果肉を残して天日乾燥をする「ハニープロセス」と呼ばれる精製方法を採用しています。生産者が手作業で大切に育てたコーヒーをどうぞお楽しみください。

ラオスから(お話:APLA)

口いっぱいに広がる甘みとおいしい苦味。美味しいのに意外と知られていない、ラオスコーヒーの生産地・栽培・流通はもちろん、現在APLAが実施している農民交流の様子もお伝えできればと思います。一人ひとりが楽しめる淹れ方もご紹介します!

お申込み方法

インターネット、お電話、メールのいずれかで事前にお申込みください。

1.下記のフォームからお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7478522e534471

2.お電話かメールで下記をお知らせください。
(1)名前、(2)メールアドレス、(3)電話番号、(4)第二部の希望ブース
TEL:03-3820-5831 Mail:event#ngo-ayus.jp(#を@に変えて送信してください)

共催

特定非営利活動法人 APLA
特定非営利活動法人 アーユス仏教国際協力ネットワーク
特定非営利活動法人 シャプラニール=市民による海外協力の会
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
特定非営利活動法人 パルシック