PARCIC

お知らせ

[ご寄付のお願い]レバノン・ベイルート大規模爆発 緊急救援

8月4日18時頃、レバノンの首都ベイルートの港湾地区の倉庫で大爆発が起こりました。死者135名以上、負傷者人5000人以上、30万人が住宅を失ったといわれ、レバノン政府は5日、2週間の非常事態宣言を発しました。爆心から2.5kmほど離れたパルシックのベイルート事務所でも窓ガラスが大破し、パソコンは爆発の圧力で飛びました。幸いにもスタッフはけがもなく無事でしたが、ガラス片の片づけに追われています。

パルシックは、レバノンでシリア難民を対象として、難民の子どもたちの教育や越冬支援などの活動をしています。人口450万人の小国にパレスチナ難民に加えて、100万人をこすシリア難民を抱えることはレバノンにとって大きな負担となっています。また、レバノンは現在、内戦以来の経済危機に陥っており、2019年10月より、現地通貨の価値が過去8ヵ月間で80%以上下落し 、インフレ率は、2019年10月から2020年5月までの間に約43倍 に上昇、さらに新型コロナウィルスのロックダウンで多くの人が仕事を失ったために、明日のパンすら購入できない人が大勢います。

このような状況で、爆発により破損したガラスや家屋の修繕をすることは人びとにとって不可能とも言ってもよく、今回の爆発で、食糧の80%を輸入に頼るレバノンの最大の輸入拠点が全壊したことから、今後、ますます物資不足と物価高騰が見込まれます。

そこでパルシックでは、緊急に被災者のための食糧支援を行います。

皆様のあたたかいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

<下記はレバノンの物価の目安です。>

1,000円:新鮮な飲み水約12本
3,000円:食糧バスケット(豆、米、砂糖、塩、パスタ、魚缶等)
6,000円:食糧バスケット+コロナ感染対策の衛生用品(マスク、グローブ、殺菌剤、石鹸等)
10,000円:深刻な被害を負った方や家族を亡くされた方への臨床心理士によるカウンセリングサポート
50,000円:破損した家屋の修復(1棟、軽破損の場合)

現地からの最新レポートを読む

【ベイルート大規模爆発レポート】#4 皆さまからのご寄付で食糧・衛生用品の配布を実施しました!
【ベイルート大規模爆発レポート】#3 爆発から3週間。シリア難民、レバノン人、人びとの声。
【ベイルート大規模爆発レポート】#2 爆発から2週間。市民とNGOによる懸命な活動が続いています。
【ベイルート大規模爆発レポート】#1突如起こった爆発事故。経済危機、コロナ、爆発…。今、我々に何ができるのか。

寄付する

パルシックは認定NPO法人です。パルシックへのご寄付は寄付金控除の対象となります。

クレジットカードで

使用可能なクレジットカード

金額
(※1,000円から)

※クレジットカードでのご寄付の場合、クレジットカード決済代行会社からパルシックへ入金された日が領収書発行日となりますので、発行までに約2ヶ月かかります。
※ 選択肢以外の金額でのご寄付を希望の場合はお問い合わせください。

銀行振り込みで

下記の口座へのお振込みと、領収書発行に必要な情報をフォームよりご連絡をお願いいたします。レバノンへの緊急寄付の旨、ご明記ください。ご入金確認後に、担当者よりご連絡を差し上げます。

ゆうちょ銀行(ゆうちょ銀行から)
●記号:10180
●番号:77335011
●名義:特定非営利活動法人パルシック

ゆうちょ銀行(ゆうちょ銀行以外から)
●店名:〇一八
●店番:018 (普通)7733501
●名義:特定非営利活動法人パルシック ※ 銀行からお振り込みをされる際は、お振込み人特定のために、必ずフォームよりご連絡ください。

寄付のご連絡フォームへ

郵便振替で

郵便振替口座:00100-9-296658
●口座名:緊急支援
●通信欄:「レバノン緊急寄付」 とお書きください。

個人によるご寄付で受けられる控除について

NPO法人パルシック(以下、パルシック)は2017年11月1日に東京都より認定NPO法人として認定されました。これにより、パルシックへのご寄付は、確定申告によって所得税、法人税、相続税などの寄付金控除を受けることが出来ます。

地方自治体によっては住民税も控除の対象となります。詳しくはお近くの税務署までお問い合わせください。

寄付金領収書に関するお願い・ご注意

※ 確定申告にはパルシック発行の領収書が必要です。領収書は失くさないよう保管してください。
※ 寄付金領収書の宛名は、お支払いの際にお手続きいただいた名前となります。
※ 連名の寄付金領収書は確定申告に使用できません。ご夫婦・ご家族等の連名でのご寄付の場合は、寄付金領収書の宛名となる代表者のお名前・ご住所等をご入力ください。

<所得税の場合>

確定申告をすると、寄付金額合計の40%の税金の還付を受けることが出来ます。所得税の控除は、税額控除、所得控除から有利な方を選ぶことができます。多くの場合は、税額控除を選択するほうがより多くの金額が控除されます。