PARCIC

スリランカ

手軽なスナックとして老若男女に愛されている揚げ物『ワデー』

スリランカの町のお店で広く見かける揚げ物、ワデー。日本でいうと、おからドーナッツ(甘くない)のような感じで、手軽なスナックとしてスリランカで広く 老若男女に愛されています。私たちも事業地訪問で昼食が遅くなったとき、朝ごはんを食べていないときなど、小腹がすいたときにさっと買って移動の車中でよ く食べています。名前を知らなかった頃、私はその見た目から「がんもどき」と呼んでいましたが、実際、主原料は豆で「がんもどき」と近い部分があります。

材料 ワデー(約20個分)

ワデーの作り方

1.ウルンドゥ豆を前夜から水につけておく。
2.翌朝、豆をよく洗う。前夜から水につけていると、簡単に豆の皮がむける。
3.ミキサーで豆をつぶす。


一晩水に浸けたウルンドゥ豆を
ミキサーに入れる

ミキサーにかけて豆をつぶす

4.たまねぎと唐辛子を適当なサイズに刻む。

 
玉ねぎを刻む
 
刻んだ唐辛子

5.ココナッツを粉状にする。
6.3に5のココナッツと4のたまねぎ、唐辛子を加えて、再度ミキサーにかける。


豆に玉ねぎ、唐辛子、ココナツを加えて
混ぜ合わせる

7.アワルをミキサーにかけて砕き、6に混ぜ合わせる。アワルを加えることで、水分がアワルに吸い取られて、水っぽさがなくなる。
8.混ぜ合わせたものを手のひらで小さなサイズにこねて、真ん中を少しへこませる。
9.形を作ったものを油であげて、完成。

 
直径7-8cmほどの円形に形を作った後、
真ん中をへこませる
 
油でしっかりと揚げる

(パルシック 西森光子)