PARCIC

パレスチナ

スタッフサラの自宅で採れた自家製蜂蜜とオリーブ

こんにちは、アンマン事務所の大野木です。
現在パレスチナでのプロジェクトは、ガザの現地スタッフが2名加わり、自分も含め5名で活動しています。

先日、西岸地区ラマッラーのスタッフであるサラより差し入れをもらいました。サラは自宅で蜂を飼っていて蜂蜜を作っているので、その自家製蜂蜜と、オリーブの木も持っているため、採れたてのオリーブとそれで作った自家製オリーブオイルです。

左からオリーブ、はちみつ、オリーブオイル

左から、オリーブ、はちみつ、オリーブオイル

食塩水の中にオリーブ、レモン、唐辛子を3週間漬けて渋みをぬく

食塩水の中にオリーブ、レモン、唐辛子を3週間漬けて渋みをぬく

オリーブはまだ渋みがあるため、食塩水の中に浸っているオリーブにレモンと唐辛子を切って3週間漬け、ようやくオリーブを食べることが出来ます。食べられる日が、今から楽しみです。
(アンマン事務所 大野木)