人と人が信頼に基づき助け合い・支え合う世界を目指す民際協力とフェアトレードのNGO

PARCIC

フェアトレードショップ「パルマルシェ」

石巻

石巻

東日本大震災被災者支援

小規模の避難所でのひととき 全国から届いた支援物資をニーズにあわせてお届けしました

2011年の3・11は日本にとっての大きな転機でした。 未曾有の大被害を前に、パルシックはまずできることから始めようと、2011年3月25日に緊急支援活動を開始しました。その時点で一番ニーズが集中していた宮城県石巻市を中心に、交通アクセスの便が悪いところ、少人数のために支援が行き届いていない避難所をきめ細かに回って、必要な物資を届けました。その後、市街地の半壊住宅に住んでいる方を対象とした“おちゃっこ(コミュニティーカフェのような、孤立している被災者が互いにおしゃべりをしたり、食事をしたりする場)”活動を行い、2011年の秋からは、石巻市の外れにあり、2005年の平成の大合併前は“北上町”と呼ばれていた、小さな漁村と農村からなる、被害が大きかったにも関わらず支援が少なく孤立していた地域に集中して、漁業、農業の復興をお手伝いすることにしました。海沿いでは美味しいワカメ、ホタテやウニが獲れる、とても魅力的な地域です。被災者は5年近くなる今も仮設住宅に暮らしており、パルシックは宮城県から復興応援隊という仕組みの事業を受託して復興のお手伝いをさせていただきます。 パルシックとしては日本での緊急復興支援は初めての経験でしたが、被災された地域の皆さんの優しさやおおらかさに学ばせていただいた歳月です。この事業を通じて日本の過疎といわれている農漁村の豊かさに触れ、日本のあり方についても多くの示唆を得ることができました。

石巻での活動

プロジェクト

過去に実施したプロジェクト

基礎情報

パルシックが活動を行っている宮城県石巻市北上町十三浜のご紹介

基礎情報

現場からの声

Facebook(石巻市北上町ファン部)