特定非営利活動法人 パルシック(PARCIC)

〒101-0063
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル

03-3253-8990

FAX03-6206-8906

令和6年能登半島地震 緊急支援

  • 日本
  • 緊急支援事業

2024年1月1日、能登半島で発生した地震の被災者支援を開始しました

プロジェクト背景

2024年1月1日、石川県能登半島で震度7の地震が発生しました。この地震による死者は238人、負傷者は1,417人に上り、未だに行方不明の方もいます。

家屋の倒壊に加え、道路の寸断により多数の孤立集落が発生し、半島というアクセスの悪さから発災直後から支援の難しさが指摘されていました。

発災から1ヶ月経っても、約40,000戸以上で断水が続き、復旧には数か月かかると見込まれています。学校や集会所などの1次避難所では、未だに8,500人を超える人が避難生活を続けています。特に奥能登地域は、断水やインフラの寸断によりボランティアの受け入れ体制が整わず、倒壊して瓦礫の撤去が進まない家屋が残されたままになっています。

学校や集会所以外にも自主避難をしたり、在宅避難されている方も多く、避難の長期化による身心の負担が心配されています。同時に、地震の影響により元々抱えていた過疎・高齢化という課題がより進むのではないかという不安の声も聞かれます。

プロジェクト内容

  • 発災直後の能登の様子、土砂で流された家屋

  • 珠洲市の大谷中学校にて支援物資の配布

  • 避難所を訪問して御用聞き

  • 避難所になっている体育館で温かい飲み物を提供

パルシックは、1月6日からスタッフを現地に派遣し、被災状況及びニーズ調査と物資配布を開始しました。震災前からご縁のあった能登町を拠点に、避難所や在宅被災者への支援物資の配布や、コーヒーの炊き出しを行っています。

インフラの復旧や仮設住宅への移動、生活再建など、状況に応じて変化するニーズに応えながら、パルシックが出来る支援を続けていきます。

奥能登は、里山と里海の美しい自然に囲まれ、瓦屋根の木造家屋が立ち並び、独自の伝統や文化が息づく地域です。今でも隣近所でおすそ分けをしたり、各集落で祭りが開かれたりするなど人と人の繋がりが強い地域でもあります。

これまで地域の人が守ってきた風土を活かしながら、復興に向けて出来ることを一緒に考えていきます。

ご寄付のお願い

能登半島緊急支援への皆様からのご寄付を承っています。温かいご寄付を心よりお待ちしております。

クレジットカードで寄付する

congrant の寄付決済ページよりお手続きいただけます。

使用可能なクレジットカード

寄付フォームへ

銀行振込で寄付する

下記口座へお振込みください。お振込み後、「寄付のご連絡フォーム」よりご連絡ください。

ゆうちょ銀行 〇一八支店(ゼロイチハチ支店) 
普通預金 6213621 
名義 特定非営利活動法人パルシック

*パルシックは認定NPO法人です。確定申告に使える寄付金領収書をお届けするために、ご寄付いただいた旨をフォームよりご連絡ください。

ご寄付のご連絡フォームへ

この事業は、皆さまからのご寄付とジャパン・プラットフォームの助成で実施しています。

現地からの声

プロジェクトレポート

  • 能登地震レポート 学生ボランティアの活動レポートVol.3

    能登地震レポート 学生ボランティアの活動レポートVol.3

  • 能登地震レポート 学生ボランティアの活動レポートVol.2

    能登地震レポート 学生ボランティアの活動レポートVol.2

  • 能登地震レポート 学生ボランティアの活動レポートVol.1

    能登地震レポート 学生ボランティアの活動レポートVol.1

  • 能登地震レポート 能登町 仮設住宅の入居が始まりました

    能登地震レポート 能登町 仮設住宅の入居が始まりました

Donation

あなたも毎月の寄付で、
日本国内での民際協力活動に
参加しませんか?

今回のみの寄付をする