PARCIC

女性の生計向上支援(2008年~)

2013年10月から女性の食品加工事業を東ティモール内6県に拡大して、22の女性グループとともに食品加工による収入向上に取り組んでいます。

コーヒー生産者協同組合コカマウの女性メンバーたちの生計向上に向けて、食品加工商品の可能性を探ってきました。家計への主な収入源がコーヒーからの収入で、多くの家庭では男性がお金を受け取っていること、収入は1年に1度だけということ、また男性はお金をお酒やタバコに費やしがちということから、女性たちが直接収入を得られるようにするためです。

2008年5月に専門家を派遣し、「乾燥そら豆を油で揚げたものはインドネシアでは好まれている」との専門家のアドバイスを受けました。日本では高価なそら豆ですが、東ティモールでは乾燥させたものが安価に出回っています。そして、そら豆のフライド・ビーンズ「ソラマメチップス」が生まれました。

2010年3月には、はちみつ、ジャム、野菜栽培のトレーニングを行いました。各村の女性グループから代表に選ばれた女性たちの中には、2009年11月にマウベシで開かれた経済開発省によるマーケティングトレーニングや、ディリでの国内市場調査などに積極的に参加し、活動の場を広げている人もいます。 2010年はハチミツやハーブの商品作りにも取り組んできました。

2011年「ツボクサ・ミント」「アボカドリーフ・ライムリーフ」「バジルの花・葉」の3種類のハーブティーを、さらに2016年には「ハイビスカス」「レモングラス」「月桃」の3種類を商品化。ハーブティーは、東ティモール国内の市場で販売することにも加え、日本にも輸入して、「アロマ・ティモール」として販売しています。

こうした活動を通じて、コーヒー生産地の女性たちが収入を得て、家計管理を学び、目標を明確にもつようになることを期待しています。

スタッフレポート

カフェ・アロマ・ティモール、ただいま開店準備中!

東ティモール事務所は、地方(生産者)と都市(消費者)のつながりを強化し、国産品の消費を促進するために…

東ティモール:ロックダウンとカフェスタッフ研修

東ティモールでは、陸続きの隣国インドネシアとの国境を違法に越えて入国した住民の新型コロナウィルス感染…

国産品消費キャンペーン事業 カフェの店名&スタッフ採用決定!

当初の計画では昨年12月にオープンする予定だった国産品消費キャンペーン事業のカフェは、予定していたよ…

アタウロ島出張とアグロフォレストリー及び商業フェアへの参加

アタウロ島はティモール島の北に位置し、ディリ港からフェリーに乗って3時間前後で行くことができます。ア…