特定非営利活動法人 パルシック(PARCIC)

〒101-0063
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル

03-3253-8990

FAX03-6206-8906

国内避難民への物資配付および教育支援

  • ミャンマー
  • 活動中
  • 緊急支援事業

軍事クーデター以降、激しい戦闘が続く少数民族地域で生活支援と教育支援を実施しています

プロジェクト背景

ミャンマーの少数民族地域は、山岳地帯という地理的特徴もあり、開発が遅れ、貧困率の高い地域が少なくありません。もともと人口の半数以上が貧困状態にあったようなこれらの地域の人びとは、終わらない戦闘により、さらに深刻な人道危機に直面しています。パルシックは、20228月より、食糧・物資の配付と教育支援を開始しました。

 

このプロジェクトに携わる現地スタッフからのメッセージを紹介します。

 

「ローマは一日にして成らず」。確かにその通りですが「ローマは一夜にして崩壊しうる」ともいえるでしょう。2021年2月1日の軍事クーデターは、ミャンマーに生きる人びとの夢、希望、そして生活すべてを破壊しました。たった一夜で、何もかもが一瞬のうちにひっくり返りました。そして、何十年にもわたって、時には犠牲を払って築き上げてきた社会制度が崩壊しました。このクーデターは、最も脆弱な人びとの生活に大きな打撃を与えています。私たちが支援をしている少数民族地域は、ミャンマーで特に貧困率が高い地域です。そのため、パルシックの物資支援は非常に効果的です。現実的にいえば、ミャンマーという国を平和で豊かな国に再建・刷新するためには、何十年もの年月と何千億円もの投資が必要でしょう。しかし、そんなに長くは待てません。国内避難民キャンプの子どもたち、女性、そして高齢者は今まさに、差し迫った状況に置かれ、この人災を生き延びるために、世界からの支援を必要としているのです。だからこそ、私たちは最も脆弱な人のところへ行き、彼らが何とか生きて、困難に立ち向かえるよう、全力を尽くしています。本当に、どんな小さなことでも助けになります。たとえ100円の寄付でも、私たちにとっては価値があるのです。

プロジェクト内容

  • 国内避難民のキャンプ

  • 支援を受け取った医療従事者の診察の様子

  • 複数の学年が同じ教室で学ぶ

  • ブルーシートを届ける

パルシックは国軍の弾圧から逃れてきた多くの国内避難民が暮らしている地域で活動をしています。活動地域はかなりアクセスが悪く、国際機関の支援が届きにくい地域です。様々な民族や武装集団があり、インターネットや電話回線が頻繁に遮断されるという難しい環境ですが、多くの現地関係者の協力を得ながら事業を実施しています。

活動地域はクーデター前ですら、半数以上が貧困状態にありました。国軍による放火や空爆で多くの人が家を追われ、畑を失ったことに加え、地域を支えていた公共事業が停止しています。生活物資や食料不足を少しでも改善するため、国内避難民に食料と物資を配付し、さらに、仮設住宅を建てるのに必要なブルーシートを配付しました。

また学校に通えない子どもたちへの教育支援も行っています。活動地域では、宗教施設やかつて学校だった建物などで、元教員がボランティアで子どもたちに授業をしています。しかし、国からの資金が無いため文具もなく、教員たちの生活も困難です。このようにボランティアで働く教師たちに報酬を支給し、子どもたちに文房具と通学用の鞄を配付しています。また学校に教科書や机、椅子などの備品を提供しています。

2023年には、無償で国内避難民のケガや病気の治療にあたる医療従事者たちを応援するクラウドファンディングを実施し、彼らに医薬品を届けました。

この事業は、皆さまからのご寄付およびジャパン・プラットフォームの助成で実施しています。

現地からの声

  • 食料を受け取った元大学生のTさん

    国軍による非人道的な暴力行為が、毎日、毎時間、毎秒、行われ続けています。国軍は、非武装で抵抗する市民の家やあらゆる財産をブルドーザーで破壊し、罪のない家族を強制的に逮捕しています。4月には、私が生まれ育った家も破壊されました。祖父が建て、かつて私が喜んだり悲しんだりした、思い出の詰まった家です。私はずっと非武装で抵抗しており、武力紛争とは全く関係がありません。しかし私の家族は逮捕され、家は破壊されました。国軍は、何でもできることを私たちに見せつけたいのです。どんなに醜いことでも彼らは躊躇なくやります。正直、状況を好転させるための答えを見つけられないのが悔しいです。私たちの苦しみは、より良いミャンマーに変わるための、かけがえのない犠牲として、春の革命(国軍クーデターに抵抗する市民の運動)の歴史に残るでしょう。

  • 現地スタッフK

    「ローマは1日にして成らず」。確かにその通りですが「ローマは一夜にして崩壊しうる」とも言えるでしょう。2021年2月1日の軍事クーデターは、ミャンマーに生きる人びとの夢、希望、そして生活すべてを破壊しました。たった一夜で、何もかもが一瞬のうちにひっくり返りました。そして、何十年にもわたって、時には犠牲を払って築き上げてきた社会制度が崩壊しました。このクーデターは、最も脆弱な人びとの生活に大きな打撃を与えています。私たちが支援をしている少数民族地域は、ミャンマーで特に貧困率が高い地域です。そのため、パルシックの物資支援は非常に効果的です。 現実的にいえば、ミャンマーという国を平和で豊かな国に再建・刷新するためには、何十年もの年月と何十億円もの投資が必要でしょう。しかし、国内避難民キャンプの子どもたち、女性、そして高齢者は今まさに、差し迫った状況に置かれ、この人災を生き延びるために、世界からの支援を必要としているのです。だからこそ、私たちは最も脆弱な人のところへ行き、彼らが何とか生きて、困難に立ち向かえるよう、全力を尽くしています。本当に、どんな小さなことでも助けになります。たとえ百円の寄付でも、私たちにとっては価値があるのです。

プロジェクトレポート

  • 私たちに光を

    私たちに光を

  • 雨期が明けて

    雨期が明けて

  • ミャンマークラウドファンディング活動報告:医療従事者たちの診療の様子

    ミャンマークラウドファンディング活動報告:医療従事者たちの...

  • ミャンマークラウドファンディング活動報告:医薬品を届けました

    ミャンマークラウドファンディング活動報告:医薬品を届けまし...

Donation

あなたも毎月の寄付で、
ミャンマーでの民際協力活動に
参加しませんか?

今回のみの寄付をする