PARCIC

女性の生活向上支援(2008年~)

2013年10月から女性の食品加工事業を東ティモール内6県に拡大して、22の女性グループとともに食品加工による収入向上に取り組んでいます。

コーヒー生産者協同組合コカマウの女性メンバーたちの生計向上に向けて、食品加工商品の可能性を探ってきました。家計への主な収入源がコーヒーからの収入で、多くの家庭では男性がお金を受け取っていること、収入は1年に1度だけということ、また男性はお金をお酒やタバコに費やしがちということから、女性たちが直接収入を得られるようにするためです。

2008年5月に専門家を派遣し、「乾燥そら豆を油で揚げたものはインドネシアでは好まれている」との専門家のアドバイスを受けました。日本では高価なそら豆ですが、東ティモールでは乾燥させたものが安価に出回っています。そして、そら豆のフライド・ビーンズ「ソラマメチップス」が生まれました。

2010年3月には、はちみつ、ジャム、野菜栽培のトレーニングを行いました。各村の女性グループから代表に選ばれた女性たちの中には、2009年11月にマウベシで開かれた経済開発省によるマーケティングトレーニングや、ディリでの国内市場調査などに積極的に参加し、活動の場を広げている人もいます。 2010年はハチミツやハーブの商品作りにも取り組んできました。

2011年「ツボクサ・ミント」「アボカドリーフ・ライムリーフ」「バジルの花・葉」の3種類のハーブティーを、さらに2016年には「ハイビスカス」「レモングラス」「月桃」の3種類を商品化。ハーブティーは、東ティモール国内の市場で販売することにも加え、日本にも輸入して、「アロマ・ティモール」として販売しています。

こうした活動を通じて、コーヒー生産地の女性たちが収入を得て、家計管理を学び、目標を明確にもつようになることを期待しています。

スタッフレポート

新ブランド「アロマ・ティモール」立ち上げ

Botardi(こんにちは)!東ティモール事務所の林です。駐在して1年が経過しましたが、東ティモール…

女性グループのネットワーク化に向けて

2013年10月から始まった農村女性による生計向上事業は、5年の事業期間の前半を終了しました。事業後…

女性の生活向上支援事業 ティモールプラザにて展示会開催

東ティモールでの「農村女性による経済活動支援」プロジェクトは、2013年に開始し、2015年4月から…

東ティモール ハーブ作りに取り組む農村女性たちのご紹介

東ティモールでは標高1200mの高原、マウベシ郡の5つの集落(リタ、ロビボ、ハトカデ、ハヒタリ、ルス…