PARCIC

愛媛での豪雨被災者支援

西予・宇和島地域の被災地域での緊急救援、復興支援

パルシックは、2018年7月中旬より愛媛県にて西日本豪雨の被災者支援を開始しました。

愛媛県では、7月10日現在、死者26人、負傷者11人の人的被害が出ており、住家については全壊21棟、半壊8棟、一部破損7棟、床上浸水786棟、床下浸水678棟となっています。孤立集落の人数は1,833人、避難者数は781人に及んでいます(*)

愛媛県にスタッフを派遣して、西予・宇和島地域の被災した地域での現状調査および多様なニーズ調査、物資配布を実施しています。

*2018年7月10日愛媛県災害対策本部「大雨警報による被害状況等について(36報)」

スタッフレポート

コミュニティ農園での堆肥づくりワークショップ

パルシックは、愛媛県西予市で地元団体とともにコミュニティ農園づくりの活動をしています。昨年7月の豪雨…

宇和島で活動するNPO団体のご紹介

パルシックは、7月の豪雨被害被災地域である愛媛県西予・宇和島にて、中長期での緊急・復興支援を実施して…
愛媛県西予市での取り組み

愛媛県西予市での取り組み

7月の豪雨でダムの放流水により大規模に浸水した西予市野村町では、商店街のお店が一軒一軒と少しずつ復活…

西予市宇和町 明間(あかんま)仮設での花壇づくり

パルシックでは、7月豪雨被害被災地域である愛媛県西予・宇和島で中長期での緊急・復興支援を開始していま…