PARCIC

民際教育(海外研修)プログラムを企画する

パルシックは、アジアの国々(東ティモール、スリランカ、マレーシア、パレスチナ、トルコ、レバノン)でNGOとしての事業実施を通して、現地の人びと、暮らし、文化、社会に出会い、地域の人びとと同じ目線に立って、現地のことを学びながら活動をしてきました。こうした各国での経験を生かして、国を越えて互いに交流し、学びあう民際教育事業に取り組んでいます。

多民族・多文化社会が持つ寛容さとダイナミズム、開発が進む地域での市民社会による環境保全への取り組み、内戦からの復興過程など、現地に入って日本人が気づき、学ぶテーマが様々にあります。

英語でのコミュニケーション力をつける、漁村に民泊して人びとの暮らしと環境を守るなど、マレーシアのペナンで英語を学びながらフィールドスタディできるプログラムを中心に、各学校と協力しながらオーダーメイドの海外研修プログラムを行っています。

高校・大学の先生方へ

当団体は高校生、大学生の学びのために、事業地であるマレーシアや、東ティモール、スリランカにおいて「役に立つ英語教育」「現場で学ぶ多文化共生」「環境教育」などをテーマとして、1週間から1か月程度のプログラムをご提供しています。

学校のご要望に応じてプログラムを立案し、事前学習などにも協力しております。

事例紹介(2018年度例)

ペナンで実践的な英語学習と週末のフィールド体験(23日間)

滞在地:マレーシア ペナン州
参加費:1人あたり30万円前後
     ※金額は参加人数、為替レート等により変動します。
     ※航空券、海外旅行保険、語学研修受講料、全宿泊費、プログラム内での交通費を含みます。

<プログラム内容>
実践的な英語学習:
 ・多民族・多文化が混在する都市ペナンで、コミュニケーション・ツールとしての英語(話す・聞く中心)を学習
 ・海外でも教育経験のあるマレーシア人講師による、講義と実践的な英語学習
週末のフィールドワーク:
 ・マレー人のクラス漁民での民泊
 ・マングローブの植林と環境について学ぶ
 ・世界遺産の街を歩く
 ・ボランティア活動 など

日程

日付 午前 午後 午後2
8月19日 8:20成田空港集合  17:05 KL着 – 乗り継ぎ –  19:30KL発  20:25 Penang着
8月20日 オリエンテーション 世界遺産の街を歩く
8月21-23日 英語基礎・街に出て英語で聞く話す
8月24日 英語基礎・街に出て英語で聞く話す

現地の若者と交流、
ペナン芸術祭で観劇

8月25日 バティック体験 PIFWA訪問 マングローブ植林体験
8月26-27日 漁船に乗る/英語を漁村で学ぶ 漁村を歩いてマレー社会を学ぶ
8月28日 休憩/プレゼンテーション準備 村でまとめのワークショップ 村でまとめのワークショップ、
夜にタイピンで蛍を見学
8月29日 ロヒンギャの学校を訪問 休憩
8月30-31日 英語講義1、2:マレーシアの社会 語彙学習
9月1-2日 オプショナル・ツアー
9月3日 ロヒンギャの学校を訪問 英語講義3:ロヒンギャ問題から
考えるマレーシアの社会
9月4日 特別講座:マレーシアの女性の状況 英語でプレゼン法指導
9月5日 英語でプレゼン法指導 英語でプレゼン法指導
9月6日 英語プレゼン1 英語プレゼン2 評価
9月7日 英語レポートの書き方 英語レポートの書き方 フェアウェルディナー
9月8日 自由行動
9月9日 自由行動/アンケート提出 ホテルチェックアウト
9月10日 成田到着
参加学生の声
「フィールドワークにふさわしく、旅行では決して体験できないプログラムだった。初めての海外で不安を抱えていたが、最後には行ってよかったと思える充実した3週間だった。」

これまでの実績(東京都内女子大学)

2015年度 10名、2016年度 3名、2017年度 12名、2018年度14名

お問い合わせ先

詳しいパンフレットもご用意しております。
ご関心をお持ちの方は、パルシック東京事務所(担当:民際教育部 西森)までご連絡ください。

TEL:03-3253-8990(平日:10時~18時)

お問い合わせフォームへ