特定非営利活動法人 パルシック(PARCIC)

〒101-0063
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル

03-3253-8990

FAX03-6206-8906

ガザ地区における羊の畜産支援

  • パレスチナ
  • 活動中
  • 経済自立支援事業

慢性的に失業率の高いガザ地区で、畜産農家の収入向上と女性のエンパワメントを目指します

プロジェクト背景

ガザ地区の平均失業率は49%と世界で最も高いレベルに達しており、人口の54%にあたる101万人は4.6ドル/日以下、うち66万人は3.6ドル/日以下で生活し、極度の貧困に陥っています。なかでも女性の失業率は68%と男性より高く、女性が家計の担い手となっている世帯では、男性が世帯主の世帯より10%高い、67%の世帯が食糧危機に直面しています。(2020年時点)

ジェンダー格差も根強くあり、畜産では女性の賃金は男性に比べて低く、その貢献は周囲からも女性自身からも過小評価されやすい傾向があります。エサやりや新生羊の世話などに女性が関われることは少ないうえ、男性優位の社会で外出の機会も少なく、情報へのアクセスが限られることから、女性が畜産の知識やスキルを向上させる機会に乏しい現状です。

プロジェクト内容

  • 新しくできた羊小屋

  • 搾りたての羊乳を飲むのが子どもたちの楽しみ

  • 羊の飼料となるパニカム

  • 乳製品の加工販売をする女性組合

この事業では、ガザ地区ハン・ユニス県の3つの村において、畜産農家の収入向上と女性のエンパワメントに取り組みます。1~3頭の羊を所有する小規模農家で、かつ女性が世帯主となっている世帯や女性が羊飼育に携わっている世帯を対象に、羊小屋の建替え工事、畜産技術研修を実施します。農家同士でグループを作り、協力して羊の飼育・販売を行い、地域全体の畜産技術の底上げを目指します。

またグループごとに家畜のエサとなる作物を栽培して干し草を作り、高額な輸入飼料への依存と夏場のエサ不足を軽減します。

さらに、女性を対象として羊の生乳を使った乳製品作りや、畜産に関するワークショップを行うことで、女性が畜産を通じて家計に貢献できるよう支援するとともに、社会で活躍する女性起業家などとの交流も行い、女性の家庭内での発言力の向上を目指します。

この事業と並行して、前期事業で設立した乳製品を加工・販売する女性協同組合への支援も引き続き行い、①商品の品質と生産量の向上、②販売先の拡大、③新商品の開発を目指します。

この事業は、日本NGO連携無償資金協力、連合愛のカンパ中央助成および皆さまからのご寄付により実施しています。

現地からの声

  • アル・マナーラ村のヌジュドさん

    研修で、羊の適切な扱い方や、羊を売るのに最適な時期など、新しい知識をたくさん学びました。私と夫は仕事を分担していて、私が早朝に羊小屋に行くった時は、羊の目や行動を一頭ずつチェックして健康かどうか判断した後、餌をやり、日光浴をさせます。羊の予防接種や餌やり、飼料作物の収穫を飼育記録帳に記入するのも私の仕事です。また、以前からチーズ作りはしていましたが、研修で習った方法とは違う方法で作っていました。研修の後は、生乳や道具の衛生にも、より気を配るようになりました。以前は、義姉のところ家へよくおしゃべりに行っていましたが、今はスケジュールがいっぱいです。時間を有効に使おうという意欲が湧いてきました!

プロジェクトレポート

  • パニカムの豊作と干し草作り

    パニカムの豊作と干し草作り

  • 美味しい乳製品を作っています!(女性組合の活動)

    美味しい乳製品を作っています!(女性組合の活動)

  • 搾乳機で、羊の搾乳が楽しく簡単に

    搾乳機で、羊の搾乳が楽しく簡単に

  • ガザの停戦を受けて-現地からの報告-

    ガザの停戦を受けて-現地からの報告-

Donation

あなたも毎月の寄付で、
パレスチナでの民際協力活動に
参加しませんか?

今回のみの寄付をする