PARCIC

東京

ロバーツ 圭子(ろばーつ けいこ)

東京事務所 事務局長/フェアトレード担当

東日本大震災を機に、ひとつひとつの選択をもっと大事に積み重ねたいと思い2011年にパルシックに入職しました。東京事務所でフェアトレード部の担当をしています。特に関心があるのは、コーヒー、地域に根差したビジネス、農や食にまつわること。物心がついた時からダイエット中。

西森 光子(にしもり みつこ)

民際教育・民際協力事業担当

2010年12月から約3年間スリランカのジャフナ事務所に駐在した後、2013年秋から東京事務所に勤務。民際事業担当として、日本とスリランカ、マレーシアのペナンを行き来しています。この6年間、スリランカとマレーシアの人や食に育てられてきました。日本からの訪問者が増えるよう、教育・ツアー事業にも取り組んでいます。

垣原 史歩(かきはら しほ)

民際協力事業担当

公衆衛生学の大学院を修了後、東南アジア地域でのビジネスと人権の業界、その後IT業界勤務を経て、パルシックの西アジア地域の事業に携わっています。図書館が好きです。少林寺拳法中拳士三段。

高橋 知里(たかはし ちさと)

民際協力事業担当

北海道大学卒業後、大学院で10年間、社会心理学を学び博士課程を修了。ふと気が変わり、オーストラリアで国際開発学の修士課程を修了。2011年にパルシックに入職、2016年までスリランカ南部デニヤヤの村にホームステイしながら農家と茶園の有機転換に奮闘する。2021年より東京事務所勤務。

菊池 あゆみ(きくち あゆみ)

民際協力事業担当

パルシックに加わる前は、途上国の農村指導者を対象に国内で研修を行っている団体に務めていました。各国の農村が抱えるリアルな問題を知り、より現地に近く、持続可能な自立支援に関わりたい思いが強くなっていたところ、パルシックに出会い入職しました。コーヒーの魅力に目覚め中。

小栗 清香(おぐり さやか)

民際協力事業担当

東京での会社員生活を経て、ソロモンとザンビアで保健分野のプロジェクトに従事。いつも現地の人びとの優しさと明るさに助けられてきました。2019年春からパルシックに仲間入りし、事業を東京からサポートしています。料理は作るのも好きですが、食べる方がもっと好き。

赤井 希(あかい のぞみ)

フェアトレード担当

自分にできる社会問題や国際協力との向き合い方を探して、福岡で営業職、フィリピンで協力隊、東京でNGO職員を経てパルシックの民際協力に出会いました。好きな言葉は、だるまさんは七転び八起き、しげ。

根本 知世(ねもと ちせ)

フェアトレード担当

生まれも育ちもタンザニアの、日本とタンザニアのブレンド(割合は適当)。より世界と繋がるような職につきたいと思い、パルシックに2021年6月、入職しました。コーヒーと紅茶のおいしい淹れ方を目下勉強中です。

大坂 智美(おおさか ともみ)

葛飾での居場所づくり(みんかふぇ)事業担当

普通のOLを長く続けた後、縁あってパルシック現地東ティモール女性事業に携わる。通算6年東ティモールに滞在し、人びとの温かさと優しさ、寛容さの虜となり、学んだ人生訓は数知れず。うちひとつは「まずは(人生を)楽しめ」。2018年6月よりみんかふぇの店主として日々奔走中。

加藤 英美(かとう ひでみ)

葛飾での居場所づくり(みんかふぇ)事業担当

映画「カンタ!ティモール」を観て東ティモールに激しく関心をもち、自家焙煎していたコーヒー生豆を全てパルシックでの調達に。購入通いを続けていた東京事務所でお手伝いをしたい!とボランティアをはじめたことがきっかけで、みんかふぇスタッフとなりました。珈琲焙煎は銀杏煎り器派。

今村 仙子(いまむら ひさこ)

広報担当

人生100年時代のちょうど折り返し地点にきたある日、残りわずかな(はずの)社会人生活をこのまま過ごしてよいのかとふと思い、長年勤めていた会社を退職、まったくの未経験ながらNGOの世界に飛び込みました。本業はバックパッカー。とある小説の主人公のように名刺に「旅行中」と入れるのが夢です。

中村 由紀(なかむら ゆき)

広報担当

IT、Web業界での勤務を経てパルシックのIT、Web、イベント等の広報を担当。3.11の東日本大震災直後、緊急支援のために手薄になった東京事務所の、3日間だけの事務ボランティアに参加し、今に至ります。完全な猫派です。

木村 優江(きむら まさえ)

経理担当

保険会社等のOLから専業主婦を経て、フェアトレードの仕事に携わるようになりました。個性的な正職員の皆さんから、日々たくさんのことを学んでいます。フェアトレード商品がもっと身近に、手軽に買える社会を目指して奮闘中です。元前橋観光大使(自称)。