PARCIC

シリア北東部の新規国内避難民への緊急食糧支援(2019年12月~2020年3月)

2019年10月、トルコがシリア北部のクルド人支配地域への侵攻を開始し、約20万人が戦闘を逃れるため国内避難民となりました。1,700世帯への食糧バスケットの緊急配布を実施しました。

シリア北東部で、1,700世帯への食糧バスケットの緊急配布を実施しました。2019年10月9日にトルコがシリア北部のクルド人支配地域への侵攻を開始し、この地域に住んでいた約20万人が戦闘を逃れるため国内避難民となりました。

パルシックは戦闘から逃れるためトルコ国境付近からシリア北東部ハサカ県へ避難し、テントや学校などの集団避難所で生活している被災者に、食糧バスケットを配布することを決めました。シリア国内の経済が悪化しているなか、国内避難民は収入を得ることがとても困難であるため、食糧配布は避難生活を送る人びとに大変喜ばれました。

シリア北東部ハサカ県の場所

物資配布の様子

提携団体の倉庫に集められた1,700世帯分の食糧

提携団体の倉庫に集められた1,700世帯分の食糧

スタッフ総出で箱付け作業を続けました

スタッフ総出で箱付け作業を続けました

配布場所で提携団体スタッフが順番にバスケットを渡す

配布場所で提携団体スタッフが順番にバスケットを渡す

配布を心待ちにしていた人びとがどんどんと集まってきました

配布を心待ちにしていた人びとがどんどんと集まってきました

1家族1ヵ月分の食糧が詰まったバスケットはずっしりと重みがある

1家族1ヵ月分の食糧が詰まったバスケットはずっしりと重みがある