PARCIC

スタッフレポート

【東京事務所 インターン日誌】「初めての事業地での活動@栃木」外山

こんにちは。東京事務所インターンの外山です。

今日は先月お手伝いに行った「栃木県台風19号被災者支援」の事業地での活動について報告したいと思います。

 

私は主に東京事務所でインターンをさせてもらっているので、事業地での活動が今回初めての経験でした!

活動地域は栃木県栃木市と佐野市で、主に被災者の方や被災自治体へ毛布や洋服などの防寒具の調達・配布を行いました。

 

一番印象に残ったのは被災者の方にカーペットをお届けした時のことです。

「ありがとう。ありがとう。」と何度もお礼を言ってくださり、そして非常にホッとした表情をされていました。

 

また佐野市へ毛布をお届けした際も、市職員の方から「いまだ台風被害の影響は根強く残っており、収拾がついていない。」とお聞きし、被災地の現状を知りました。

 

佐野市へ届けた毛布

佐野市へ届けた毛布

確かに、まちを見ると浸水被害を受けた住宅の修繕工事がまだ途中段階であったり、洪水でえぐれてしまった道路があったりと復興はまだまだ途中なんだということを、実際に現地に行って実感してきました。

このように現地に行ったからこそ今の台風被災地の状況が見え、私自身も非常に勉強になりました。また昼食に食べた本場の佐野ラーメンがとても美味しかったです。

昼食で食べた佐野ラーメン

昼食で食べた佐野ラーメン

(東京事務所インターン 外山 実季)