PARCIC

コーヒー生産者支援

コカマウとの深煎りな日々 1

コーヒー畑からはじめまして。東ティモール、マウベシ事務所の工藤です。 つい3か月ほど前まで日本国内で某シアトル系コーヒーチェーンの店長として白シャツにエプロン、… [続きを読む]

アジャイとのお買い物

コーヒーチームはコーヒーの収穫期を前に、集落にいってアフリカンベッドを作っている。 アフリカンベッドというのはアフリカ人が寝るベッドではなくて、収穫したコーヒー… [続きを読む]

インターン日記:フェスティバル・カフェ・ティモール / Festival Kafe Timor

Festival Kafe Timor がマウベシにやって来た。このフェスティバルは去年から始まったコーヒーの祭典である。去年は首都のディリだけで行われたが、今… [続きを読む]

コーヒー2015年豆、日本へ向けて出荷しました!

新コーヒー加工場ではじめて加工したコーヒー豆を、2016年2月初旬、日本へ向けて出荷しました。 コカマウ[i]に加入する18の集落の中から、標高が比較的高い6つ… [続きを読む]

コーヒー二次加工場が完成しました!

2015年8月27日、首都ディリでコーヒー二次加工場の開所式を行いました。 加工場内には不純物の除去から脱殻、比重選別、サイズ選別が一つのラインでできる機械一式… [続きを読む]

ヴィセンティ・マリア・ソウザさん

ハトゥカデグループの会計を担当しているヴィセンティさんは、バリトンの声がとっても魅力的。ひと回りも年下の妻ロザさんとの間に上は21歳から下は5歳まで、11人の子… [続きを読む]

ヴィトリノ・ペレイラさん

16人の子どものお父さん(うち5人は死亡)。グループの中では年長者で、小学校の先生だったこともあり、グループ内のもめ事に常に穏やかに立ち振る舞う人です。 197… [続きを読む]

アルフレド・アルベルト・カルロスさん

副組合長を二期務めたのち、2009年度の選挙で二代目組合長に選出されたアルベルトさん。組合へのリーダーシップトレーニングに参加して以来「リーダーとは‥」のセリフ… [続きを読む]

ヴィセンティ・ダ・コンセサオン・シルバさん

ヴィセンティさんは、2003年にクロロ集落(26名)がグループを結成したときから毎年、グループの代表に選ばれています。08年1月の選挙で5回目の再選が決まったと… [続きを読む]

パルシック自前のコーヒー二次加工場を建設中!

東ティモールのコーヒーをより良い状態で市場へ出荷するために、2015年1月、ディリで自前のコーヒー二次加工場の建設を開始しました。 2015年度から、コーヒー生… [続きを読む]