PARCIC

トルコにおけるシリア難民支援事業

ラマダン前の食糧バスケット配布

パルシックのトルコでの食糧配布は基本的にバウチャーカードの形態で配布していますが、ラマダン(断食)の終わる4日前の6月21日(水)に、パートナー団体のWatan… [続きを読む]

シリア難民の子ども達の未来と笑顔をつくるために②

シリア難民の子ども達の未来と笑顔をつくるために① より 移動式チャイルド・フレンドリー・スペースでの活動 このような子ども達の心身の発達を保護し促進するため、週… [続きを読む]

シリア難民の子ども達の未来と笑顔をつくるために①

2015年10月からトルコにてシリア難民の家族へのサポートを続けてきましたが、活動を始めた当初から、シリア人の子ども達の生活や未来のために、なにかできないかと思… [続きを読む]

トルコでの食糧・衛生用品支援とシリア人世帯のくらし

トルコに暮らすシリア難民世帯の思い 2017年という新たな年を迎えた今、トルコではシリア難民への市民権の認可、全国規模でのさまざまな用途に使用可能な電子バウチャ… [続きを読む]

シャンルウルファに暖かい春の日差し

パルシックが食糧・衛生用品支援を行っているシャンルウルファ市では、最近ようやく寒さが和らぎ、暖かい日差しと共に春が近いことを感じられる日が増えてきました。テント… [続きを読む]

シリア人家族の厳しい冬に備えて−シリア難民への越冬支援−

電子バウチャーを活用した越冬支援物資の購入 最低気温が氷点下となり、細雪も降り始めたシャンルウルファ県では、厳しい冬を迎えようとしています。シャンルウルファ市よ… [続きを読む]

シャンルウルファ郊外に住む村への電子バウチャー初入金

シャンルウルファ郊外に住む村の人びとにとっては初めて使うこととなる電子バウチャー。最初の入金は、スーパーマーケットの方々の温かい心遣いと、バウチャーが使用できる… [続きを読む]

シャンルウルファ市郊外の村での電子バウチャー配布

1年で最も暑くなる7月。35度を超える真夏の日差しの下、子どもたちの笑顔に迎えられ、シャンルウルファ市郊外の村での電子バウチャーの配布を開始しました。 &nbs… [続きを読む]

ハラン市での2回目の電子バウチャー入金

6月22日から24日の3日間、5月に行われた1回目の電子バウチャー入金に続き、2回目の入金がハラン市内の2軒のスーパーマーケットにて行われました。  … [続きを読む]

“シリア難民”としてのトルコ

トルコ事務所のシリア人スタッフであるムナが、故郷シリアの生活や、約3年間にわたるトルコでの生活を綴ってくれました。   私の家であり、心であり、愛する… [続きを読む]