PARCIC

シリア/シリア難民

シリア国内での女性に対する食糧生産活動支援

2021年10月から開始した2期目の農業支援も徐々に軌道に乗ってきました。今期は前期事業からの農家支援に加えて、オリーブ農家の支援も行っています。農業というと力… [続きを読む]

【越冬支援ご報告】アルサールの小学生に手編みマフラーを配付しました!

2021年11月から実施していた【ご寄付のお願い】レバノン北部アルサール シリア難民越冬支援にご支援をいただいた皆様、誠にありがとうございました。いただいたご寄… [続きを読む]

皆さまのご寄付で種・肥料を届けました!~シリア ホムス農業復興寄付キャンペーンご報告~

2021年は新型コロナウィルスが世界中の人に影響を及ぼしました。長期紛争によりシリア国内全土でインフラが破壊されたシリア市民にとって、国内に入ってくるはずだった… [続きを読む]

シリア国内での食糧生産活動を開始しました

シリアの内戦は大部分の地域では収まってきていますが、依然としてシリア国内にいるシリア人約2100万人の内、約1300万人が食糧へのアクセスが困難であると言われて… [続きを読む]

アルサールの学校でコロナ対策をやっています

こんにちは。皆さまお元気でしょうか。 2021年6月末以降、レバノンの状況悪化はすさまじいものでした。レバノンポンドの価値が暴落し続け、公定レート1ドル=1,5… [続きを読む]

アルサール市での教育活動(夏休み編)

パルシックは、2020年10月より、バアルベック・ヘルメール県アルサール市で、シリア難民の小学生500人に公教育の支援を行っています。 2021年6月末に202… [続きを読む]

アルサール市での教育活動

パルシックは、2020年10月より、レバノンでの教育支援活動をベカー県バル・エリヤス市からバアルベック・ヘルメール県アルサール市に移し、シリア難民の小学生の子ど… [続きを読む]

「新鮮な野菜を食べられて嬉しい」シリア国内農業支援

パルシックでは、2020年からダマスカス郊外県とホムス県で農業生産支援を始めました。内戦の影響により農業を中断せざるを得なくなった農家さんで、特に女性が生計を支… [続きを読む]

レバノンのラマダン、スイーツな日々

レバノンでは1か月のラマダン(断食)が5月12日に終わりました。ラマダンの最中は、いつもだと飲食が出来る日没後から日の出までの間、人びとは日没の食事(Iftar… [続きを読む]

皆さまのご寄付で灯油を届けました!~アルサール越冬キャンペーン2020 終了報告~

2020年10月から実施していたアルサール越冬支援キャンペーンが終了しました。 パルシックは、現地提携団体URDA(Union of Relief & … [続きを読む]