PARCIC

ガザ人道支援

昨今のパレスチナ情勢と人びとの思い

聖地エルサレムのアルアクサ・モスクにおけるムスリム礼拝者の入域禁止を1つのきっかけとして、2015年9月下旬からこれに抗議するパレスチナ人とイスラエル軍の間で衝… [続きを読む]

停戦から1年、続く復興の取り組み

2015年10月18日、ガザ中部ワディ・アルサルカ地域にあるアルヒダヤ・センターでは子どもたちの元気な声が響いていました。この日、子どもたちは人形劇や絵で気持ち… [続きを読む]

戦争を知る子どもたち② ― アブダッラーのケース

9歳になるアブダッラー・ワーヘド・アブサモール(Abdallah Wahed Abu Samor)は、1歳の時に髄膜炎を患って以来、ほとんど耳が聞こえません。そ… [続きを読む]

戦争を知る子どもたち① ― ディーマのケース

ディーマ・ラビア・ムザイン(Deema Rabe’e Muzain)は8歳の多感な女の子。5歳の時、2012年のガザ攻撃で消防士だった父を亡くし、祖… [続きを読む]

ガザの貧困世帯1,200世帯に食糧バスケットを配布

ラマダン(断食月)の始まった7月16日、パルシックはガザ地区で昨年の戦争により被災した貧困世帯1,200世帯を対象に食糧バスケットの配布を開始しました。この事業… [続きを読む]

トラウマを抱えるガザの子どもたちに心のケアを[2]

サポートの対象とするのは子どもたちだけではありません。子どものケアに一次的に携わる保護者たちもまた、度重なる戦争やその後の苦しい生活で疲弊している中、様々な難し… [続きを読む]

トラウマを抱えるガザの子どもたちに心のケアを[1]

パルシックは、2015年3月からガザの中部デル・アルバラ地区にある2箇所のリハビリセンターで、戦争によって心理的な傷を負った子どもたちに心のケアを行っています。… [続きを読む]

ガザと共に 復興支援活動

2014年9月イスラエルのガザに対する攻撃が停止してから、約9ヶ月が経ちました。しかし、この攻撃で被災した家屋を再建するための建築資材は、イスラエルによってガザ… [続きを読む]

戦争により被災した寡婦21世帯への支援を開始

パルシックは、昨年9月よりガザ地区の戦争で被災した貧しい小規模農家100世帯に加え、寡婦21世帯への生活再建支援を開始しました。 度重なる戦争とイスラエルによる… [続きを読む]

ガザ地区で被災した小規模農家の生活再建支援を開始

パルシックでは、昨年9月よりガザ地区の戦争被災住民に対する緊急支援として行っていたFrom Poor Farmers to Poor Families(貧しい農… [続きを読む]