PARCIC

居場所づくり

みんかふぇのクリスマス会

こんにちは。みんかふぇのオープンから半年余り、子ども食堂をはじめて丸5ヶ月。みんかふぇのよちよち歩きはまだ続いていますが、それでも少しずつ慣れ始め、毎週2回の子ども食堂では、子どもたちの笑顔に溢れ、またその姿に目を細めながらお食事を召し上がるシニアの方の光景が恒例になりつつあります。

あるシニアの男性の方は「毎日宅配のお弁当を取っているんだけど、冷たいご飯がもう嫌で。。。こうやって家の近くで温かいご飯が食べれるのは何よりです」とおっしゃってくださいました。みんかふぇ子ども食堂は子どもだけのためではなく、忙しいお母さんが一息つけたり、シニアの方が喜んで召し上がってくださる姿を見ると嬉しくなります。もちろん、お子さんがモリモリご飯を食べてくれる姿を見ると、料理のし甲斐を感じます。

1221日(金)、みんかふぇのささやかなクリスマス会を開催しました。以前、参加者の方から「東ティモール料理を食べてみたい」と言われたことがきっかけで、日本に留学している東ティモール人女子学生に声を掛け、当日は料理のお手伝いをしてもらいました。

クリスマスのデコレーション。このオーナメントもリボンもご寄付のものを活用しました。

クリスマスのデコレーション。天井からぶら下げたオーナメントも壁に這わせたリボンも、ご寄付のものを活用しました。

メインディッシュはご寄付でいただいた高級ハム・ソーセージ・ベーコンのステーキ。それに東ティモールの豆スープ。添えには東ティモールの辛い唐辛子とゆずの和え物。

そして午後6時過ぎ、サンタさんが現れ、参加してくれた子どもたちにプレゼントを配ってくれました!子どもたちも同伴のお母さんたちもとても驚いた様子。子どもたちは案外クールにサンタさん対応していました。その様子が可笑しくて東ティモール女子学生と大笑いでした。

通りを歩くサンタクロースを発見!このあとみんかふぇに来てくれました(トナカイとソリは人目に付かないように近所に隠したそうです)。

こういったイベントも子どもたちにとっては大切な思い出になるのでしょうね。。

残念!料理に忙しくて、また写真を撮り忘れました。。。

2019年もよろしくお願いします!

(みんかふぇ 大坂智美)