PARCIC

お知らせ

[開催報告] 満員御礼!シリア難民・シリア内戦の今-難民支援の現場から-

こんにちは。パルシック東京事務所インターンの外山です。

2011年に始まったシリア内戦から今年で10年目を迎えます。
もう10年も経つのか…と思う方も多いと思いのではないでしょうか。

そんな節目の年である2020年1月15日に、シリア難民事業に関する報告会「シリア難民・シリア内戦の今 -難民支援の現場から-」を開催しました。

当日は大勢の方にお越しいただき満員御礼の中スタートしました。
シリアや中東地域で定番のハーブティー・ズフラートとお菓子も振舞われ、温かいハーブティーにほこっりされている方もいらっしゃいました!

報告会では、まず最初にパルシックレバノン事務所代表の大野木雄樹氏による写真を交えたシリア難民事業のこれまでと現場最前線の様子が報告されました。パルシックは2014年にシリア難民支援をスタートしました。当初より事業を担当する大野木氏の報告では、パルシックがなぜシリア難民支援を開始するに至ったのか、そして今に至るまでに出会ったシリア難民の様子を写真とともに伝えました。なかなか見ることができないシリア難民の生活の様子を現場の写真を通じて知ることができ、来場者の方も真剣にその写真を見ていらっしゃいました。

また、ゲストスピーカーとして東京外国語大学の青山弘之先生をお招きし、長期化・複雑化するシリア内戦の今について、大変分かりやすくお話していただきました。2011年以降の内戦の局面が分かり易く整理され、各国の国益を第一優先に国外からの干渉が行われ、難民や避難民の方が取り残されている状況を知ることが出来ました。

質疑応答の時間では、来場者とスピーカーとの白熱した意見交換が行われ、気づけば会場撤収リミットの3分前になっていました(笑)

満員御礼の会場

東京外国語大学 青山先生の講義の様子

来場くださった皆様、最後まで熱心にお話を聞いていただきありがとうございました。

来場してくださった方も、来られなかった方も次回の報告会でお待ちしております!!

集会概要

「シリア難民・シリア内戦の今-難民支援の現場から-」

https://www.parcic.org/news/events/15741/
・2020年1月15日(水)19:00~21:00
・会場:連合会館201会議室
・主催:特定非営利活動法人パルシック

(東京事務所インターン 外山 実季)