PARCIC

ボランティア募集

【募集】新プロジェクトボランティアスタッフ

パルシックは、日本で暮らす海外ルーツの人びとと共生できる社会を目指して、2022年から在留外国人支援をスタートします。そこで、一緒に活動するボランティアスタッフを募集します!

在留外国人支援・ボランティアスタッフ募集要項

空いている時間に気軽に参加するボランティアではなく、新しいプロジェクトをイチから一緒に考え作り上げてくれるボランティアスタッフを募集します!他のボランティアや職員と積極的にコミュニケーションを取ることが求められますが、学びや気づきの機会を提供できるように私達もがんばりますので、ご応募お待ちしております。

活動予定内容

1. 東京都葛飾区でパルシックが運営するコミュニティカフェ「みんかふぇ」を拠点に、在留外国人のお困りごとを聞く相談カフェを開催(隔週土曜日の予定)
2. 東京都および近郊の外国人コミュニティを訪問して、お困りごとを聞いて回るアウトリーチ活動

求める人材

以下のいずれかが出来る、或いは得意な方
1. 英語やその他の言語で翻訳や通訳
2. SNSなどのツールを使った情報発信
3. イベントの企画や運営
4. 領収証の整理や簡単な会計記録
5. 在留外国人支援機関など外部との調整業務
6. 情報収集や資料の整理
7. コミュニケーションが得意な方

応募資格

1. 6か月以上活動が可能な方
2. 積極的に学びながら活動に関われる方

活動地

みんかふぇ、東京事務所、東京都及び近郊

活動頻度

月に4回~6回ほど、1日4時間~6時間

活動期間

2022年1月~

待遇

無給、交通費全額支給、ボランティア保険加入、パルシックのフェアトレード商品を割引価格で購入可能、月1回の勉強会も開催予定

募集人数

10~15人

応募方法

下記フォームよりお申し込みください。
https://forms.gle/unGV3n5semrzsciS8
ご応募いただいた後は、内容を確認して事務局よりご連絡いたします。

締切日  2022年1月14日(金)

なぜパルシックが在留外国人支援に取り組むのか?

現在、日本には多くの外国人が生活していますが、その中には困難を抱える人が少なくありません。特に新型コロナウィルスの影響により、言語の問題や複雑な手続きのために給付金の申請が出来ない、技能実習を継続出来なくなり収入がなくなった、仕事が打ち切られたけれどビザの条件を変えられないなど、様々な社会的困難に直面する外国人が増えています。

パルシックは、「地球の各地で暮らす人と人が、国家の壁を越えて助けあい、支えあい、人間的で対等な関係を築くこと」を目指して活動を続けてきました。私たちが海外の事業地で出会った人びとは、外国人である私達を温かく向かい入れ、困ったことがあると家族のように親身になって助けてくれました。同じように、日本で暮らす多様な外国人が、地域で暮らすコミュニティの一員として共に支え合う社会を目指して、在留外国人支援をスタートします。