PARCIC

サイクロン・セロージャ豪雨被災者支援(2021年6月20日~)

サイクロン・セロージャによって被災したインドネシア東ヌサ・トゥンガラ州のマラカ県で、農具や漁具の配布など、生計活動を再開する資機材の配布支援を行います。

2021年4月5日、インドネシア東ヌサ・トゥンガラ州は、インドネシア東部で発生したサイクロン・セロージャによる豪雨と強風に見舞われ、洪水、地滑り、鉄砲水などの甚大な被害を受けました。この災害で東ヌサ・トゥンガラ州では467,714人が被災し、4月19日の時点で181人が死亡、48人が行方不明となり、54,507棟の家屋が損壊、53,550人が避難生活を余儀なくされました。

東ヌサ・トゥンガラ州は就労人口の6割が農業に携わる地域ですが、洪水によって家だけでなく農地や家畜も被害を受け、沿岸に生活する人々は漁具が流されるなど、人びとは生活復興の基盤となる生計手段を失いました。パルシックでは人びとの生活の復興を見据えて、生計手段の回復のため、農具や漁具の配布など、被災以前の生計活動を再開する資機材の配布支援を行います。

サイクロン・セロージャでは州内の複数の県が被害を受けましたが、パルシックは、被災前より県行政が機能しておらず、そのために被害情報の外部への共有が遅れ、被災規模に対して支援に入る団体が少なくなっていたマラカ県において、被災者支援を実施いたします。

東ヌサ・トゥンガラ州の県別被災者数上位抜粋
(2021年4月30日 地域災害対策本部データより)

県名 被災者数
アロール県 155,412
クパン市 113,740
西サブ県 61,276
マラカ県 30,559
ルムバタ県 27,894
東フローレス県 27,038
クパン県 23,389

洪水によりなぎ倒されたソルガム

洪水にのまれ水死した牛

泥に埋まり、扉が開かなくなった家

写真提供:Alfred Welhelmus Djami

スタッフレポート