PARCIC

インドネシア

飯田 彰(いいだ あきら)

スラウェシ事務所 プロジェクト・マネージャー

2017年まで3年近くパルシックのスリランカ北部での漁民支援事業に携わっていました。ロンボク島の地震災害で心を痛めていたところ、スラウェシ島での地震・津波災害が発生。パルシックから声がかかり、現在スラウェシ島で活動しています。

松村 多悠子(まつむら たゆこ)

スラウェシ事務所 プロジェクト・オフィサー

通算10年近くインドネシアのあちこちを転々とし、特に好きなティモール島(西側)で暮らしていました。そんな中、2018年9月にスラウェシ島で地震が起き、同年10月よりパルシックのスラウェシ事業に参加しています。

シスカ・ソロカナ(Sischa Solokana)

スラウェシ事務所 フィールド・コーディネーター

インドネシア東ヌサトゥンガラ州出身で障害者、インクルーシブ社会などの問題に熱意を持っています。趣味は、歌うこと、音楽、演劇、写真、それから旅行です。世界中の誰もが、世界に向けてメッセージを持ち、またそのメッセージは耳を傾けられるべきものです。取り残されて当然の人間などはいません。ハクナ・マタタ!

※ハクナ・マタタは映画ライオンキングから「大丈夫、問題ない、どうにかなるさ」の意でシスカの好きな言葉です。

ヒロニムス・ゲス(Hironimus Gesu)

スラウェシ事務所 フィールド・コーディネーター

ニックネームはイロンです。インドネシア・フローレス島出身です。2016年にWASH(水・衛生分野)に関わるプログラムに参加後、現地NGOの緊急支援や開発支援においてWASHに関わってきました。自然、旅行、ハイキングが大好きです。パルシックに入ってからも「誰一人取り残さない」をモットーに頑張ります!