PARCIC

東ティモール

山岳地帯のマウラウ村の風景

マウラウ村は、パルシック事務所のあるマウベシから車で1時間ほどの距離にあります。

アイナロ県マウベシ郡地図(出典:WIKIMEDIA)
この地図の右上の方にある Maleria、Ussululiのあたりがマウラウ村です。

マウベシより高地だからか、いつも強い風が吹いていて体感温度が低いです。現場で寝泊まりしているスタッフからも「夜はもっと寒くなるから暖かい寝具がほしい」と要求がありました。

山岳地帯には背の高い木はあまりなく、乾いた地面に雑草がへばりつくように生えています。その中で風に吹かれていると、ここは本当に東南アジアなのか?と思います。ですが、時折まっすぐな日差しが雲間からさっと差しこむことがあります。手のひらをかざして日差しを受けると、太陽光の、質感があるようなたしかな暖かみを感じることができます。

マウラウ村の山岳地帯の風景

マウラウ村の山岳地帯の風景

(マウベシ事務所 大島 大)