PARCIC

スリランカ

広島東洋カープの野村前監督が訪問されました!

7月中旬、広島東洋カープの前監督、野村謙二郎さんがジャフナ事業地の1村、トゥンパライ村を訪問してくださいました。野球を通してスリランカと日本の親交を深め、同じく戦争による破壊と復興を経験した広島から平和のメッセージを伝えることを目的として組まれたJICAのプログラムの一環です。スリランカ南部で野球指導や交流試合を行った後、北部の内戦復興の現場を視察されたご一行は、その行程でパルシックの事業地にも寄ってくださいました!

sl_20150722_e

女性たちの前でお話をしてくださる野村前監督

参加メンバーの一人イラヴァラシさんが、グループを代表し、野村前監督とご一行のみなさんを歓迎しました。

「2004年の津波で家や資材の一切を失い、その後生計を立てていくことが難しかった。この事業を通して追加の収入を得られるようになったこと、研修で新しい技術を身に付けられたことをとても感謝しています」と挨拶しました。グループからは、人気商品のエコバッグに広島カープのロゴを入れた特別商品を前監督にプレゼントしました。白いカープのロゴも、研修で学んだ手刺繍の成果です。野村前監督は、「球団のグッズにリサイクルサリーの商品を取り入れられないか、前向きに検討したい。そのような形で皆さんへの支援ができれば」と事業に参加する女性たちを励ましてくださいました。

中国新聞20150725

2015年7月25日付の中国新聞にもこの時の様子が掲載されました!(画像クリックで大きく表示)

sl_20150722_d

野村前監督とともに記念撮影。イラヴァラシさんは前列左。

できあがったロゴ入りのエコバッグはかわいらしく、同じように刺繍を入れた商品をもっと作っても良いのでは、と女性たちの間で新たなアイディアも生まれました。

また、いただいたカープグッズのカタログに掲載される数々の商品を「これ何?」「こういうのだったら私たちもできる」とページの隅々まで興味津々に眺めていた面々。今後の活動にとってもとても刺激になった1日でした。

野村前監督をはじめ、いらしてくださった皆さま、ありがとうございました。

▼ 『JICA 広島デスク』のFacebookにもこのときの様子が掲載されています。こちらもぜひご覧ください!
https://www.facebook.com/hiroshimashijicadesk/posts/971547972908217

▼ このプロジェクト、SariConnection の公式Facebookにいいね!して応援してください♪ (英語)

 

(ムライティブ事務所 伊藤文)