PARCIC

スリランカ

サリーリサイクル事業 ムライティブにも拡大して活動中

2012年からジャフナで始めたサリーリサイクル事業は、2015年4月から事業地を隣県のムライティブにも拡大して、活動を続けています。内戦や津波で家族を失った寡婦世帯を対象に、ミシン、縫製のトレーニングを提供し、スリランカ全国から集めた古着のサリー(注)を女性たちが新しい商品にリメイクするこの事業。縫製に参加する女性たちの生計向上につながるだけでなく、サリーの寄付、そして出来上がった製品の販売を通して、異なる民族の女性たちの交流の輪を広げることも目指しています。

商店で販売されているサリー。こちらは日常着るカジュアルな素材のもの

sl_20150722_b

縫製指導の先生とともにできあがった商品の確認をする女性たち(ウドゥトゥライ村)

事業開始当初から活動を行っているのは、ジャフナ県のトゥンパライ村、ウドゥトゥライ村、マナッカドゥ村の3村。長く参加しているメンバーの女性たちは、縫製の腕も上達し、色とりどりのサリーの柄を上手に使ってバッグ、スカート、ワンピースなどの商品作りに取り組んでいます。

2015年前半には、コロンボからプロの刺繍作家の方を招いて、ミシン縫いだけでは表現できない手作業による装飾も学び、メンバーの技術の幅が広がりました。研修で得た技術を使って、クッションカバーやテーブル掛けなどの新しい商品を現在開発中です。

sl_20150722_c

手縫いの研修の様子(トゥンパライ村)

(注)サリーはスリランカで女性が着る民族衣装で、約5.5メートルの布をひだにして体に巻き付け着用します。式典で正装として着られる他、役所の職員や学校の先生たちにも日常的に着られています。

▼ このプロジェクト、SariConnection の公式Facebookにいいね!して応援してください♪ (英語)
https://www.facebook.com/SariConnection

JICA Sri Lanka のFacebookでもご紹介いただきました!(英語)
https://www.facebook.com/jicasrilanka/posts/970770142954400

(ムライティブ事務所 伊藤文)

(この事業は、JICA草の根技術協力事業パートナー型の支援を受けて実施しています。)