PARCIC

スリランカ

サリー・リサイクル事業、ファッション・ショーを開催!

5月20日(土)にネゴンボのジェットウィング・シー・ホテルで催された 「コーヒー・モーニング」というイベントで、サリー・コネクション(リサイクル・サリー製品のブランド名)として初めてファッション・ショーを行いました。会場はスリランカの高級ホテルのおしゃれなラウンジで、新しい化粧品の発売記念イベントのプログラムの一部としてお声をかけていただき、ショーが実現しました。

朝8時半に開場になると、スリランカの都会の富裕層の女性たちが着飾った姿で次々と来場。海を見渡せる会場でウェルカムドリンクが振舞われ、優雅な雰囲気の中、イベントがスタートしました。

サリー・コネクション・チームはというと、イベント前日までショーのためのドレスや小物の準備、モデルの手配などで大忙し。イベントの詳細が直前まで決定しないことはスリランカでは珍しくないことですが、今回も大まかな内容が分かったのは開催日の2週間ほど前でした。当日はスリランカ北部のジャフナとムライティブからもスタッフが駆けつけ、皆で出店準備を行いました。「新しく製作したネックレスとブレスレットに対してのお客さんの反応はどうなかぁ」などと話しつつ、お客さんが会場に入ってくるのを見て、こちらのやる気も上がりました!

ショーのモデルたちは1時間遅れで到着。ばたばたとホテルの1室に流れ込み、衣装合わせを行いました。このとき初めてモデルの女性たちに実際に会い、「体型が送ってもらった写真と違う!」なんて本人の目の前では言えません・・・。「このドレスかわいい!」「わたしはこっちが好き!」という声が飛び交う中、忙しくも、わきあいあいと準備が進み、いよいよファッション・ショーの時間となりました。

コロンボ事務所に新しく加わったスタッフのトゥサンティが事業の紹介を行った後、アップテンポな音楽に合わせてモデルが登場。サリーのドレスが海風になびき、お客さんたちの視線を集めます。衣装は全部で11着。無事にランウェイが終了し、観衆から暖かい拍手が起こりました。

現地で協力してくれた人びとへの感謝の気持ちとともに、ショーを見てくれた人が少しでもサリー事業に関心を持ってくれること、またリサイクルへの関心、サリーの美しさを感じてくれたことを願いながら、ホテルを後にしました。

サリー製品を着て颯爽と歩くモデル

サリー・コネクションの製品を着て颯爽と歩くモデル

会場でのサリー製品販売のようす

会場でのサリー製品販売のようす

会場でのサリー製品販売のようす

会場でのサリー製品販売のようす

モデルさん集合写真

モデルさん集合写真

(コロンボ事務所 籠谷佳奈)