PARCIC

スリランカ

紅茶便り#11 大事なことを決めるときには

アーユーボワン!今回もコンポストセンター作りの進捗を報告させていただきます。

建設地も決まり、土地を更地にして物資搬入用の道路を作り、あとは役所からの環境評価をパスするのを待ち、パスしたら早速建設開始!と思っていたのですが、もう一つ、とってもスリランカらしいことをしなくてはいけませんでした。というのは、建設開始に良い日と時間を占星術師に占ってもらうことです。

キリウェラガマ村の占星術師(左)

キリウェラガマ村の占星術師(左)

スリランカでは占星術が重要視されています。特別な行事の際には必ず、その行事を行うのに良い日時を占星術師に占ってもらいます。今回のコンポストセンターと同じように、普通の家庭でも家の建設前にも、建設開始日時を確認します。お店を開くときには開店日時を占います。結婚式の日時も占星術で決めます。大事な試験のある日は何時何分に家を出るのが良いかということも占星術で決めることがあります。また、スリランカ人は生まれたらすぐに占星術師に星座表を作ってもらいます。この星座表は結婚の際にとても大事で、結婚しようとする2人の星座表から相性を占い、相性が悪い場合には結婚できないことがあります(家族が反対するため)。他にも、西洋医学やアーユルベーダでは治らない病気を患った場合にも、星を見てもらうそうです。ちなみに、政治家も専属の占星術師を雇っており、いろいろと相談しているそうです。

SL_tea_20140930_3

星座表を見せてくれました

話が横道に逸れましたが、我らがコンポストセンターの建設開始は地域の占星術師にお願いして占ってもらったところ、10月2日の朝9時が良いという結果が出ました。10月2日の建設開始に向けて建設資材の準備を進めています。

SL_tea_20140930_2

占いの結果を現地スタッフのサラットさん(右)に説明してくれている

SL_tea_20140930_4

占い師の部屋の奥にはいろいろなものが並んでいます。ほとんどは仏教に関連するものです。

(デニヤヤ事務所 高橋知里)