PARCIC

過去のアーカイブ

大坂さんの東ティモール派遣日記(4)

Boras Festas! (Happy New Year!) 2011年も明けました!ティモールの年越し・年明けをレポートしたいと思います。

まず、私は知人が宿泊している『さくらタワー』と言う、東ティモールで一番高いビルとされる建物に、年の瀬お邪魔する事にしました。実は紅白を観たいが為に、自腹で1泊$38のホテルを予約し、チェックインもしていたのですが、一人で過ごすのは味気ないなぁ、と思っていたんです。ところがこちらで同じく活動されている他の団体の方から、「今どちらにいらっしゃるのですか?宜しかったら一緒に紅白観ませんか?」とお誘いを受け、しかも場所がそのチェックインしたホテルから目と鼻の先!思わず、「はいッ、お邪魔させて頂きます!」と二つ返事でお伺いしたのでした。

お話がしたくて午後3時頃、お部屋にお邪魔しました。色々なお話をしていて、ふと気づくと夕方6時30分!友人は6時に、道路事業でこちらにいらっしゃっている日本人の方と真向いの中華料理『ニュー88レストラン』で年越し鍋を囲む約束をしており、私も急きょ参加させて頂く事になっていたので、急いでレストランへ。汗をかきながら急いで鍋を食べて、紅白開始の7:30pmには何とか部屋へ戻る事が出来たのでした。

私たちはまだまだしゃべり足りず、紅白を観ながらも口が止まる事はありません。同じく英国に留学していたと言う事もあり、イギリス話で盛り上がりました。

2010年に流行した曲『トイレの神様』に涙したものの、いつの間にか紅白も終わり。すると何やら外が騒がしい。二人でビルの屋上に出てみようと言う事になりました。するとロケット花火や(大変危ない!)小規模な花火が上がっています。00:00、今度は一斉に国会議事堂付近から大きな花火が何発も上がるじゃありませんか!その数、私の地元の夏の花火大会なんかよりも断然ゴージャス!これでもかこれでもかと大輪の花がディリの夜空に咲きます。案外お金あるのね...と私達はしばし呆然。さくらタワーの正面の大通りは、流しているだけであろう車が何十台もひっきりなしにクラクションを鳴らしながら通って行きます。夜とは思えない賑やかさです。住宅地からは深夜にも関わらず大音量の音楽が。皆が新年をお祝いしています。
部屋に戻ってからも話は尽きる事がなく、結局私たちが横になったのは朝3時でした。ご来光を観に、キリスト像のある岬まで行こうと言っていたのですが、当然起きる事が出来ず、日の出の時間ギリギリに再び屋上へ行ってみました。

屋上へ上ると昨日の喧騒が嘘のように人っ子ひとり歩いていません。山から上がってきた朝日を拝みながら、ティモールの人々の今年一年が明るい一年となりますよう、わたし自身も健康・無事故で過ごす事が出来ますよう、お祈りしたのでした。元日にご来光を拝むなんて実に何年振りでしょう。

結局、今日一日、車も人も開いている商店もまるで少ない、静かな一日だったのでした。そう言えばクリスマスの25日もそうだったなぁ。事務所へ戻ってくる際、海岸通りを通ったのですが、多くの人々が公園でゴザを敷いてピクニックをしたり、海に入って泳いだり、【ザ・家族の一日】と言った感じでした。普段以上に多くの人々が海岸に集まっていました。とても微笑ましい、そして家族と離れている身としてはちょっと羨ましい光景なのでした。これも平和だから楽しめるのでありましょう。

これを書きながらふと気づく。私、花火の写真も、朝日の写真も、ティモールの家族の日の写真も撮っていないじゃないか!大変申し訳ございません。この文章で伝わりましたでしょうか?とにかく日本とは異なる年明けの風景なのでした。しかしながら想像していたよりも盛大に年明けをお祝いしているのがとても感じられました。友人は年越しならぬ、年明けそばをお昼に作ってくれました。美味しかった!皆様も今年一年細く長く暮らせますように。

(東ティモール事務所 大坂智美)