PARCIC

過去のアーカイブ

みやっちの東ティモール滞在日誌 #10 ~東ティモールと日本人~

日本人ネットワークの「日曜日ソフトボール」

東ティモールに在住する日本人は、現在120名ほどといわれています。首都ディリにいれば、たまにすれ違うことがありますが、地方にいるとなかなか日本人と会う機会はありません。

そんな東ティモールの日本人ネットワークの強化に貢献しているのが、Happy East Timor (通称:ハピチモ)というメーリングリストです。どのくらいの人数が参加しているか定かではないですが、色々な情報の共有が出来る貴重な場でもあります。

毎週土曜日になると、主催者の方から「日曜日ソフトボール」のお知らせがメーリングリストに流されます。東ティモールでソフトボールが盛んというわけではないのですが、娯楽の少ないティモールにおいては、一つの気分転換になるかと思います。僕も着任以来、お知らせは受け取っていたものの、中々参加できず、先週初めて参加しました。

近くの学校のグラウンドを借りて、朝8時30分頃から2時間くらい練習(or 試合)をしています。日曜日の朝というと、日本だとゆっくり寝ている時間ですが、東ティモールの昼間はとても暑くなるので、朝涼しい時間に合わせてやります。試合は参加人数次第で、先週は12人いたので6人対6人に分かれて試合をしました。当然人数が少ないので、2回ファウルしたらアウトにするといった、ルールの工夫もしました。ランニングホームランが出るなど、スコアは17対16という結果になりました。

準備運動にラジオ体操をして試合に臨みましたが、久しぶりに体全体を動かしたので、次の日まんまと筋肉痛になってしまいました。とても楽しかったので、また次回も参加したいと思います!

(東ティモール事務所 宮田悠史)