PARCIC

スタッフレポート

デニヤヤ周辺の村でキッチンとトイレの修復作業

アーユーボワン(シンハラ語で「こんにちは」の意味)! 5月末に起こった洪水・土砂崩れで家が壊れてしまったデニヤヤ周辺16村の約150世帯を対象に、家の修復支援を… [続きを読む]

モロワッカンダで発生した大規模土石流

アーユーボワン(シンハラ語で「こんにちは」の意味)! パルシックが家屋損壊被災者の支援事業を行っているデニヤヤ周辺では、ケガをした人はいましたが、幸いなことに人… [続きを読む]

紅茶の生産地、スリランカ南部の茶畑への被害状況

アーユーボワン(シンハラ語で「こんにちは」の意味)! 今回の洪水、土砂崩れで被害を受けたスリランカ南部は、スリランカの紅茶生産の70%近くを担う紅茶の生産地です… [続きを読む]

デニヤヤ周辺での洪水、土砂崩れ被害状況

アーユーボワン!(シンハラ語でこんにちは!の意味) 5月末の豪雨による洪水、土砂崩れから約2か月が経とうとしています。 今回の被害で亡くなった方(行方不明含む)… [続きを読む]

寝具と子どもたちの靴バウチャーを配布

アーユーボワン!(シンハラ語でこんにちは!の意味)スリランカより、高橋です。 スリランカ南部での洪水・土砂崩れ被害に対する緊急支援は、今回、メデルピティヤの学校… [続きを読む]

シリア人の子ども達と一緒に、子ども達のために

トルコでのシリア難民の子ども達を支える活動では、2人のシリア人スタッフ、シバとマフムードが計画や活動内容を考えています。今回はその2人から、子どもたちと活動する… [続きを読む]

各漁協でコンピュータ研修を実施

現在進めているムライティブでの事業では、内陸部に位置する貯水池で漁をする4漁協の強化を目的にしており、その一環として様々な研修を行っています。その中から、今回は… [続きを読む]

マウラウ村マレリア集落 タンク基礎作り

マウラウ村マレリア集落の水供給システムの作業が始まりました。私が現場に行った6月後半のこの日は、タンク設置の基礎作りをしました。 タンクを設置する場所を平らにな… [続きを読む]

緊急支援の開始 キリウェラドラ 家屋損壊被害のピヤダーサさん宅を訪問

アーユーボワン!(シンハラ語でこんにちは!の意味) 5月末にスリランカ南部を襲った豪雨による洪水・土砂崩れ被害に対する緊急支援のため、6月26日からスリランカ入… [続きを読む]

東ティモール、マウベシの停電と水事情

こちらに来て3か月、だいぶ生活にも慣れてきましたが、日本と違うのは、東ティモールではよく停電することです。首都のディリでの停電は1、2時間で直ることがほとんどで… [続きを読む]