PARCIC

ガザ地区被災住民への緊急支援(2014年~)

ガザ地区中部の国境沿いの地域で農業復興支援と食糧配布、子どものケア、洪水被害における毛布の緊急配布を行っています。

ガザ地区では、戦争によって多くの農家や漁師が農機具や農地、船などを破壊された一方で、水や電気の供給が制限され、物資の搬入も検問で厳しく制限されています。そのため、復興に必要な資材のうち約1%しかガザ地区に届いていない状況です。他方、ガザ地区の食糧生産量は約33%も落ち込み、食料品の値段が高騰したことも相まって、市民の食糧配給依存率は戦前の66%から72%まで上昇しました。しかし、国連や自治政府が配布している配給食糧は缶詰めや小麦などが多く、栄養が偏りがちとなっています。そこで2015年度パルシックはガザ地区中部の国境沿いの地域で以下の事業を実施しています。少しずつ閉鎖されたガザ地区が自給する力をつけていくことを目指しています。

(1) 農業復興支援と食糧配布

パルシックでは被災した小規模農家に対して農機具や堆肥、苗を配布して食糧生産量を上げ、さらに生産された新鮮な農産物を買い取って貧困世帯に配布することで、食糧不足や栄養の偏りを改善できるようにします。特に、夫や稼ぎ頭を戦争で失い、収入の確保が難しい母子家庭には鶏やウサギ、鳩などを配布して飼育してもらい、自家消費に充てると共に、余剰生産分を販売できるようにして収入向上を目指します。 この事業は1970年台にパレスチナの農業開発を目的として農業専門家、農民によって組織された Palestinian Agriculture Relief Committee (PARC=パレスチナ農業復興委員会)を協力団体として実施しています。PARCは灌漑や土壌改善の技術指導を行い、農産物の市場確保のためにオリーブやオリーブオイルなどのフェアトレードを行っています。空爆が開始されてからは、西岸地域で購入した食糧をガザに輸送、避難民に食料配布を実施してきました。

(2) 子どものケア

2009-2010年のイスラエルの攻撃において家族を亡くし、爆撃音や暗闇等を経験したことで、ガザに住む子どもたち108万人のうち約40%は心に傷を負っていると言われています。パルシックでは、こうした子どもたち300名を対象として、専門の心理士による演劇ワークショップやアートセラピーワークショップ、屋外活動や専門的なカウンセリングを通じて、心のケアを行い、ストレスやトラウマ的な症状の緩和に努めています。この事業は1997年よりガザで身体障がいを持つ児童のサポートを行っているDeir El Balah Rehabilitation Society (DBRS=デル・アルバラリハビリテーション協会)の協力を得て、同団体のデル・アルバラ地域のリハビリテーションセンターを使用し、さらに同じく中部に拠点を置くMaghazi Community Rehabilitation Society(MCRS=マガジ・コミュニティー・リハビリテーション協会)のセンターも利用して実施しています。

(3) 洪水被害における毛布の緊急配布

2014年1月、パレスチナ自治区ガザを寒気団“Huda”「フッダ」が襲い、各地で豪雨となり、洪水が発生しました。 この大雨による被害を受けたガザでは、約124,000の家が、2014年の夏のイスラエルからの攻撃により破壊もしくは一部破壊の被害を受け、現在でも100,000人以上が仮設住宅、もしくは国連の学校等の避難所にて生活をしている状況にあります。その状況下での大雨となり、攻撃による被害が特に大きかった南部のRafah(ラファ)や南東部のKhuzza(フッザ)では、仮設住宅がこの大雨に耐えられず、再び別の避難所へ移動を余儀なくされた世帯もあります。南部の洪水のひどい地域では、水が1.5メートルまでの高さまで及び、152世帯で浸水しました。幼児3名と男性1名が亡くなりました。 被害にあった多くの人びとが、市役所に非常時の暖房用の燃料や浸水を防ぐ土嚢の提供を求めましたが、いまだイスラエルの攻撃による被害の対応もままならない状況であり、市役所からの支援はほとんどありませんでした。非常事態宣言を出した町や村もありました。 ガザ唯一の電力会社もイスラエルの攻撃によって被害を受けたため、いまだガザ全土への電気の供給が十分に行えておらず、一日に6時間分の電気は供給していると発表はあるものの、地域によっては3時間しか供給されない場所もあります。多くの家庭が寒さをしのぐため、厚着したり毛布に包まったりして対処しています。あまりの寒さで、家の中で火を焚いている家庭もあり、火の不始末による火事も発生し、約50,000㎡の農業地で被害があったとの報道もあります。 この被害を受け、パルシックでは緊急に毛布1,000枚の配給を実施しました。

毛布の配布地域、世帯数、配布数

地域 場所 世帯数 毛布の数
北部 BeitHanoun(ベイト・ハヌン) 96 252
北部 Al-Shejaeya(アルシュジャイア) 116 307
南部 Khuza(フッザ) 308 501
合計 520 1,060

ガザスタッフ、サハールの家の様子。1日3時間だけの電気の供給だけでは家が温まらず、厚着をして、毛布に包まって寒さをしのいでいる。

※この事業はジャパン・プラットフォームの助成および皆さまからのご支援によって実施しています。

この事業への寄付方法

パルシックのオンラインショップ「パルマルシェ」で、この事業へのご寄付を1口500円から受け付けております。 みなさまのご支援をお待ちしております。
パルシックのパレスチナでの活動へ寄付:フェアトレードショップ「パルマルシェ」

スタッフレポート

家庭から始める子どものケア③:お父さん向けワークショップの開催

他方、保護者向けのワークショップを運営する中で、課題も出てきました。前回の記事で掲載された写真から何…

家庭から始める子どものケア②:保護者向けワークショップ

今回は保護者向けのワークショップについてご紹介しようと思います。 保護者を対象とするワークショップで…

家庭から始める子どものケア① 包括的な子どものケア体制構築をめざして

パレスチナ自治区ガザ地区で生まれた6歳以上の子どもたちは、2008-2009年、2012年、2014…

昨今のパレスチナ情勢と人びとの思い

聖地エルサレムのアルアクサ・モスクにおけるムスリム礼拝者の入域禁止を1つのきっかけとして、2015年…