PARCIC

お知らせ

第2回 ペナン在住日本人向けマングローブ植林ツアーの開催

2014年9月14日、PIFWA (ペナン沿岸漁民福利協会:Penang Inshore Fishermen Welfare Association) への支援活動の一環として、第2回目のマレーシアのペナン在住日本人の方々を対象にしたマングローブ植林ツアーを開催しました。

より多くの方に活動を知っていただこうと、事前にペナン日本人会やペナン日本人学校に相談し、広報にご協力いただきました。その結果、日本人学校の生徒さんとそのご家族10組、26名の方がご参加くださいました。

mltour_201411_a

PIFWAの活動や植林について説明するイリアスさん

mltour_201411_b

ネチョネチョの足元が歩きづらく、悪戦苦闘ながら植林へむかう子どもたち

mltour_201411_c

植林を終え、元気に桟橋を歩く

初めてマングローブ林のぬかるみを歩いた未就学の小さな子どもたちの中には「泥が気持ち悪い」、「歩けない」と今にも泣き出しそうな子どもたちもいて、お父さん・お母さんが抱きかかえての移動となりましたが、小学生の子どもたちは元気にぬかるみを進み、苗木を一本一本丁寧に植えてくれました。また、マングローブの実で作ったジャムやお菓子なども満喫してもらいました。

ツアーの後、参加いただいたお父さん、お母さんからはこんな感想をいただきました。

今後も植林ツアーを開催することで、マングローブの生態系の保全に取り組んでいきます。

(東京事務所 西森光子)