PARCIC

お知らせ

シネマカフェ vol.1を開催しました -『やさしい女』上映&ジャフナ干物事業報告-

これまでパルシックが行ってきた事業報告会から少し形態を変えて、事業報告とそれに関連する映画の上映をセットにした、新しい試みのパルシック主催イベント『パルシック シネマカフェ』がスタートしました。

記念すべき第1回は、2013年12月16日(月) 渋谷「UPLINK FACTORY」 にて開催されました。

映画は、スリランカ内戦に翻弄されたタミル人とシンハラ人の恋愛を描いたドストエフスキーの同名短編小説のオマージュ作品でもある『やさしい女』を上映。そして上映終了後には、スリランカに3年間駐在し、内戦後の帰還民支援活動の一環として現地で「干物作り」を行ってきたパルシックスタッフ西森光子によるトークショーを行いました。

パルシック シネマカフェ vol.1 概要

2013年12月16日(月) 19:00 開演  会場:渋谷「UPLINK FACTORY 」

入場料:予約1,800円  当日2,000円
フェアトレードのスリランカ無農薬アールグレイ紅茶1杯付き

第1部 上映会 『やさしい女』 (2012年 / 90分 /シンハラ語 / 英語・日本語字幕 / PG12)
原題「Oba Nathuwa, Oba Ekka」 英題「With You, Without You」 製作国:スリランカ/インド 監督:プラサンナ・ヴィターナゲー
出演:シャーム・フェルナンド、アンジャリ・パティル、マヘーシェワリエ・ラトゥナム、ワサンタ・モラゴダ

世捨て人として暮らす中年男が、美しい娘と恋に落ち、遂には結婚することに。しかし、心がすれ違い始めた二人には、埋められない溝のような過酷な過去があった。民族紛争で翻弄され苦難を経た彼らに、本当の幸せが訪れる日は来るのだろうか。

  休憩
第2部 トーク:西森光子『 ジャフナの女性たちと干物を作る』

西森光子: 2010年よりパルシックスタッフとしてスリランカ北部のジャフナ県に駐在。内戦の影響を受けた女性たちとともにジャフナの漁村で干物作りを行い、生活再建に取り組む。2013年9月に支援活動を終え、帰国。現在は東京事務所に勤務。

 

初の試みということで、映画と報告をどのようにつなげれば、スリランカとパルシックの活動の背景をより理解していただけるかを、スタッフミーティングであれこれ話し合いました。当日を迎えるまで、果たしてどのくらいのお客様にお越しいただけるのか不安もありましたが、おかげさまで約50名の方がお越しくださり、会場は大盛況となりました。

パルシックシネマカフェ vol.1 チラシ

アップリンクの受け付けに置かれた、シネマカフェ vol.1のチラシ


『やさしい女』上映後、ジャフナでの事業報告を行うスタッフの西森

『やさしい女』上映後、ジャフナでの事業報告を行うスタッフの西森


ドリンクカウンターでは南部ルフナ産の無農薬アールグレイ紅茶をお召し上がりいただきました

ドリンクカウンターでは南部ルフナ産の無農薬アールグレイ紅茶をお召し上がりいただきました

参加者の皆さまからは「映画を通じてスリランカ国内の事情を理解したうえで、北部ジャフナでの内戦復興支援として開始した干物づくり事業報告が聞くことができ、とても分かりやすかった」とのご意見を、たくさんいただきました。

今後もシネマカフェを通じて、パルシックの支援国の現状やフェアトレードについてより多くの方へ情報をお伝えすべく、定例化して開催できるよう進めていきたいと思います。

次回、パルシック シネマカフェ vol.2 は、渋谷アップリンクにて2014年5月10日(土) の開催を予定しています。ぜひ、足をお運びください。

(東京事務所 中村由紀)