PARCIC

東京

ロバーツ圭子

東京事務所 事務局長、フェアトレード担当

震災を機に、ひとつひとつの選択をもっと大事に積み重ねたいと思い2011年にパルシックに入職しました。東京事務所でフェアトレード部の担当をしています。特に関心があるのは、コーヒー、地域に根差したビジネス、農や食にまつわること。物心がついた時からダイエット中。

西森光子

民際協力事業担当

2010年12月から約3年間スリランカのジャフナ事務所に駐在した後、2013年秋から東京事務所に勤務。民際事業担当として、日本とスリランカ、マレーシアのペナンを行き来しています。この6年間、スリランカとマレーシアの人や食に育てられてきました。日本からの訪問者が増えるよう、教育・ツアー事業にも取り組んでいます。

永井明子

フェアトレード担当

13年間医療機関で管理栄養士をしておりましたが、やっぱり子どもの頃からの夢である国際協力が諦められず、一念発起してパルシックに転職しました。たくさん勉強しようと思いつつも、つい「2時間で復習できる歴史」とか楽な本を手に取っているO型水瓶座です。はい、末っ子です。パルシック正職員の中でも最年少(自称)、完全な犬派です。

岡崎文香

民際協力事業担当

元バックパッカーで約60か国を放浪した挙句、中南米移住を試みるも挫折。以来、日本と海外を行ったり来たりの人生です。2016年4月からパルシック東京事務所で西アジア事業を担当しています。世界で一番心優しい人々の国だったシリアに恩返しできる日を夢見る毎日。座右の銘は「言行一致」。

大坂智美

民際協力事業担当

普通のOLを長く続けた後、縁あってパルシック現地東ティモール女性事業に携わる。通算6年東ティモールに滞在し、人々の温かさと優しさ、寛容さの虜となり、学んだ人生訓は数知れず。うちひとつは「まずは(人生を)楽しめ」。

中村由紀

広報担当

IT、Web業界での勤務を経てパルシックのIT、Web、イベント等の広報を担当。3.11の東日本大震災直後、緊急支援のために手薄になった東京事務所の、3日間だけの事務ボランティアに参加し、今に至ります。私の体の10%が東ティモールの飲み物、5%がアールグレイ紅茶でできています。完全な猫派です。

木村優江

フェアトレード担当

保険会社等のOLから専業主婦を経て、フェアトレードの仕事に携わるようになりました。個性的な正職員の皆さんから、日々たくさんのことを学んでいます。フェアトレード商品がもっと身近に、手軽に買える社会を目指して奮闘中です。元前橋観光大使(自称)。